暮らし

有料化でレジ袋の利用頻度は減ったのか 1万220人にアンケート “マイバッグ”の浸透度は?

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

7月から有料化されたレジ袋。“マイバッグ”は確実に浸透している(写真はイメージ)【写真:写真AC】
7月から有料化されたレジ袋。“マイバッグ”は確実に浸透している(写真はイメージ)【写真:写真AC】

食料品・飲料購入時に8割近くが「持参したバッグ」を使用すると回答

 7月からプラスチック製レジ袋が有料化されました。エコバッグの売り上げ好調のニュースや“レジ袋ロス”の声も聞かれますが、実際にレジ袋の利用頻度は減っているのでしょうか。マイボイスコム株式会社は、有料化が始まったばかりの7月1~5日に意識調査を実施。約6割の方が買い物をする際にレジ袋の利用頻度が減ると答え、食料品・飲料購入時には8割近くが「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」を使用すると回答しています。“マイバッグ”の利用は確実に浸透しているようです。

 ◇ ◇ ◇

 調査は10~70代の男女1万220人を対象に実施。レジ袋有料化の認知を聞いたところ、「どのようなものか内容を知っている」が89.7%でした。

 まずレジ袋が有料化する前に買い物時に利用していた袋(複数回答)については「無料のレジ袋」と答えた人が全体の68.8%となりましたが、「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」との答えも64.8%でした。特に40~70代の女性で見ると「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」が8割前後となっていて、有料化前からエコへの意識は高かったようです。

 次にレジ袋有料化以降、食料品・飲料購入時に利用することが多くなると思う袋(複数回答)については「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」が78.5%と8割近くに。続いて「持参したビニール袋・レジ袋」が39.2%となりました。一方「有料のレジ袋」は14.8%(複数回答)で、年代で見ると10~30代の男性が各3割弱となっています。

 衣料品購入時に利用することが多くなると思う袋(複数回答)は「持参したエコバッグやカバン、リュックなど」が63.2%、「店が提供する、レジ袋以外の無料の入れ物」「持参したビニール袋・レジ袋」が各20%台になっています。「有料のレジ袋」は14.0%で、10~40代の男性では2割を超えました。

 買い物時に有料のレジ袋を購入・利用する理由(複数回答)については「エコバッグや袋を持っていない時に必要」が56.0%と半数を超え、「持参した袋では足りない・入り切らない」が28.5%に。10~40代の男性では「エコバッグや袋を持ち歩くのが面倒」が2割弱と、他の層より高くなっています。

 一方、買い物時に持参した袋を利用する理由(複数回答)は「レジ袋が有料だから」が69.7%、「レジ袋は環境に良くない」「店によっては、エコバッグ利用でポイントが貯まる」が各2割弱という結果になりました。

 回答者のコメントとしては以下のようなものがありました。

 
○レジ袋を購入する
・最も近隣のスーパーがレジ袋無料を継続しているため(男性46歳)
・衣類を買った場合は袋を購入することになりそうだから(女性60歳)
・エコバッグの出し入れや折りたたむのが面倒(女性72歳)
・使用後に家庭でゴミ袋として使用しているので、今後袋の購入になる(男性60歳)

 
○レジ袋を購入しない
・袋にお金を払うのは嫌なので、袋を必ず持参したい(女性43歳)
・チリも積もればで金額がバカにならないと思う。ビニールを減らすことが環境に必須なので、ごみを増やさないことに協力したい(女性70歳)
・有料化して儲ける人たちにお金が行かないようにするために、有料の袋を使わない(男性49歳)
・これまでも基本的にマイバッグを利用していたから(男性25歳)

 
 年齢などによって多少の違いはありますが、レジ袋の利用頻度は確実に減っているようです。

(Hint-Pot編集部)