動物・レジャー

「ねこ検定」監修者が教える “まばたき”で分かる猫の気持ち 隠れた病気が分かることも

著者:猫ねこ部

タグ: ,

猫のまばたきは飼い主への愛情表現(写真はイメージ)【写真:写真AC】
猫のまばたきは飼い主への愛情表現(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ふとした瞬間に猫が目をゆっくりぱちぱち。見つめられてのまばたきは、思わずドキッとしてしまいますよね。そんな猫のまばたき、実は「飼い主さんへの愛情表現」の意味が込められていることをご存じでしょうか? 今回はそんな知られざる猫のまばたきの意味について、「ねこ検定」監修者でもある清水満さんに監修いただき、詳しく解説します。「猫の気持ちをもっと知りたい!」「仲良くなりたい!」。そんな飼い主さん必見です。

 ◇ ◇ ◇

「目を合わせる=ケンカを売っている」 猫をじっと見つめないように注意を

 猫は人間と比べると、まばたきの回数がとても少ない動物です。人間は1分間に約20回のまばたきをするのに対して、猫は1分間に約3回ほど。普段あまりまばたきをしない猫が、飼い主さんを見つめながらまばたきをするのは「大好きだよ! 信頼しているよ!」のサイン。飼い主さんへの愛情表現と言われています。

 猫がまばたきをしてくれたら、飼い主さんもゆっくりまばたきをして「私も大好きだよ!」と返事をしてあげてください。何度か繰り返すうちに、お互いを思う気持ちが伝わって、絆がぐっと深まるでしょう。

 猫の名前を呼んだ時に「は~い、聞いてますよー」の意味でまばたきをしてお返事をしてくれる猫も。「ニャー」と鳴いてお返事してくれる猫もいますが、そんな風に鳴き声で返事をするのは人間に対してだけなのだとか。

 というのも、野良猫たちが暮らす外の世界では小さな鳴き声ですら命取りになることもあるため、猫同士のコミュニケーションに鳴き声を使うことはありません。まばたきなどの目の動きや耳、シッポの動きなどで気持ちを伝えていると言われています。

 また、仲良くなるほど全身でリアクションを取ってくれるわんちゃんとは違って、猫の場合、飼い主さんとの信頼関係が深くなればなるほど反応は控えめになると言われています。人間同士で言う“以心伝心”。「言葉に出さなくても分かってね」という感じでしょうか。反応が薄く、一見つれないようですが、実はまばたきでしっかりサインを出してくれていたのだと思うと、とてもうれしくなりますね。

 では、逆に猫がまばたきをしていない時はどんな気持ちなのでしょうか。それは危険を感じて警戒している時や敵意の表れです。

 猫界では「目を合わせる=ケンカを売っている」の意味。猫同士で目を合わせるのは、基本的には親子やきょうだいなどのみと言われています。猫に敵意がなければ目をそらしますが、猫は「ケンカを売られた」と感じてしまいます。

 猫がかわいすぎてついつい見つめてしまいたくなる気持ちは分かりますが、じっと見つめないように注意してくださいね。もし、目が合った時は、目をそらすかゆっくりまばたきをして「敵意はないですよ~」と伝えてあげましょう。