海外ニュース

カミラ夫人 おしゃれすぎる未来の英国王の妻 夏ファッション5つの必需品に注目集まる

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

カミラ夫人【写真:Getty Images】
カミラ夫人【写真:Getty Images】

お気に入りの5アイテムを英雑誌が特集

 未来の英国王チャールズ皇太子の妻カミラ夫人は、いつだって洗練されたコーディネートを披露している。英雑誌「ハロー」によると、カミラ夫人のファッションスタイルの真骨頂は、夏の出で立ちにあるようだ。カミラ夫人がこれまでに着てきた、個性派でスタイリッシュなサマーワードローブを特集している。

 ◇ ◇ ◇

 カミラ夫人の夏の装いで注目なのは、次の5つのアイテム。

1、フワッと軽やかなスカート
 暖かい季節になるとカミラ夫人にとって定番アイテムとなるのが、繊細でクリーミーな色合いのスカートだ。夫人はプリーツのロングスカートがとても似合う。2014年にウェールズを訪問した際のコーディネートは、とても美しいと評判だった。

 
2、クールなカフタンドレス
 カフタンとは、トルコなどイスラム教文化圏の民族衣装のこと。カミラ夫人は暑い国へ公務に訪れる際、このゆったりとしたカフタンドレスを選ぶことが多いという。2019年3月に、夫婦でスペイン南部のグラナダを訪問してビーチを散策した際は、白のパンツを合わせて上品にまとめた大人リラックススタイルを披露している。

 
3、サマーパンプス
 夏であってもカミラ夫人は、サンダルをあまり履かない。その代わりに、お気に入りのブランドである「ソール・ブリス」のヌーディカラーのパンプスを愛用している。2018年のワイト島では、さわやかなホワイトのラッフルドレスにこのパンプスを合わせた。

 
4、個性的なアクセサリー
 カミラ夫人のユニークなアクセサリー使いにも、記事では注目している。チェリー柄のクラッチバッグを持っていたのは、2018年のギリシャ訪問時。夫人のハンドバッグコレクションは素晴らしいと定評がある。夫人は他にも、くすみカラーのバッグやパイソン柄、キラキラ輝くアクセサリーを夏のイベントで好んで身に着けている。

 
5、「レイバン」のサングラス
 多くのセレブやロイヤルファミリーに愛されている「レイバン」。カミラ夫人も例外ではないようだ。2019年7月のウィンブルドン選手権で着けていたのは、ウェリントン風のオーソドックスなデザイン。他にも同ブランドのウェイファーラーのべっ甲柄フレームのものも持っているという。

(Hint-Pot編集部)