海外ニュース

メーガン妃 自腹の豪邸に“意外な人物”からクレーム 前オーナーの元夫人が非難する理由とは

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真:AP】
メーガン妃とヘンリー王子【写真:AP】

女性の権利向上を訴える妃とDVを働いた元夫のつながりに疑問

 ヘンリー王子とメーガン妃は、ビバリーヒルズの“借家”を離れて7月上旬に、ロサンゼルスの北約120キロに位置するサンタバーバラに引っ越した。東京ドーム半分の広大な敷地内に505坪の豪邸が建てられ、価格は1465万ドル(約15億5800万円)と報道されている。ところが思わぬ問題が勃発した。豪邸の前オーナーの元夫人がメーガン妃を非難しているのだ。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

 王室を離脱し、移住した米国で豪邸を購入したメーガン妃夫妻が、思わぬ“災難”に見舞われた。豪邸の前オーナーの元夫人がメーガン妃に対して、非難の声を上げているのだ。

 英大衆紙「デイリー・メール」が掲載した記事によると、クレームをつけているのは、現在ロシア在住のアンナ・フェドセエワさん。メーガン妃とヘンリー王子が購入した豪邸の前オーナーで、元銀行家のロシア人大富豪セルゲイ・グリシンさんと2017年3月に結婚したが、わずか11か月で離婚したという。

 問題なのは、フェドセエワさんが家庭内暴力を受けたとしてグリシンさんを訴えていることだ。フェドセエワさんは「銃を頭に突き付けられ、殴られて歯を折られた」と主張。一方、グリシンさんはこれを否定しているという。

 フェドセエワさんは、女性に対する暴力癖のある男性から女性の権利向上運動に熱心なメーガン妃が家を購入して「つながりができてしまうのはいかがなものか」「購入前の精査が欠如している」と主張する。

 もちろん、豪邸の前オーナーがこうした問題を抱えた人物だったことをメーガン妃が知っていたとは思えない。しかし元王室メンバーとしては、トラブルが起きぬよう持ち主の経歴もしっかりと調べる必要があったのではないだろうか。

 しかも、購入した物件は一時、日本円で30億円を超えていたと報道されている。それが約半額のバーゲン価格で売り出されていたとすれば、こういった調査を怠った可能性はある。

 新居を手に入れ、“王室引退”後の独立した新生活が文字通り始まったばかりだというのに、メーガン妃夫妻にしてみれば少しケチが付いたような気持ちになるフェドセエワさんの主張である。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)