海外ニュース

メーガン妃 オンライン会議で“衝撃告白” 英王室に嫁ぐまで知らなかった重要なこととは

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

ヘンリー王子と結婚するまで英連邦を理解していなかった

 メーガン妃とヘンリー王子は現地時間17日、夫妻が会長と副会長を務める慈善団体「ザ・クイーンズ・コモンウェルス・トラスト」のオンライン会議に出席。スモーキーメイクと「史上最高」と称されたドレス姿が注目を集めているが、その“天然”ぶりでも話題を呼んでいる。王室に嫁ぐまで英連邦(コモンウェルス)について「知らなかった」と明かしたのだ。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」が掲載した記事によると、メーガン妃がヘンリー王子と結婚して英王室入りするまで、英連邦について「知らなかった」と明らかにしたのは、その英連邦国の若者で作られた慈善団体「ザ・クイーンズ・コモンウェルス・トラスト」のメンバーとのオンライン会議での席上だった。

 今回のオンライン会議には、7月上旬に引っ越したサンタバーバラの豪邸からヘンリー王子と一緒に参加したことでも話題になっている。

 メーガン妃はこの会議中に「英連邦について知らなかった」と認めた上で「夫の祖母の功績には敬意を払う」と続けて、この団体のパトロンであるエリザベス女王へのフォローにも努めている。

 確かに「コモンウェルス」と言われても、英国及び連邦国以外の人は実態が掴めないのかもしれない。しかし、英王室に嫁いだ女性が「それまで知らなかった」と認めたのは、ある意味勇気のいることかもしれない。

 そんな“衝撃発言”をしたメーガン妃は、ヘンリー王子とともにインターネット上での誹謗中傷について参加者と意見を交換。「人を残酷にするも優しくするも我々次第」などと述べ、世界的な問題になっているSNS上の言葉の暴力撲滅を訴えている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)