海外ニュース

メーガン妃とヘンリー王子 暴露本から判明した無償提供されたものがすごすぎる! 「史上最も偽善的なカップルだ」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真:AP】
メーガン妃とヘンリー王子【写真:AP】

セレブが手配したプライベートジェットや無料滞在の数々

 ヘンリー王子とメーガン妃の人生や、ロイヤルファミリーとの人間関係について赤裸々に記された伝記「Finding Freedom(自由を探して)」。今月11日に発売されて以降、波紋を広げているが、この本には英王室内の出来事だけでなく、ヘンリー王子夫妻が強力な支援者たちから数多くの惜しみない支援を受け取っていたことが綴られているという。その驚愕の詳細を、英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」によると、ヘンリー王子とメーガン妃が支援を受けたと思われるものは次の通り。記事内レートは2020年8月23日時点。

 
○ハリウッドで仮住まいしていた豪邸 4万5000ポンド(約648万円)
 アメリカのロックダウン直前にカナダから移住した際に、無料で4か月滞在した、ハリウッドの大立者タイラー・ペリーが所有する大豪邸。同地の賃料相場は、月1万1250ポンド(約162万円)だという。

 
○初デートの夜を過ごしたソーホーハウスの部屋 405ポンド(約5万8000円)
 2016年7月に初デートをしたヘンリー王子夫妻。メーガン妃はこの夜、英ロンドンのディーンストリートにある会員制高級サロン、ソーホーハウスに滞在していたと記述されている。セレブリティでインフルエンサーである同妃は、無料や割引での旅行を定期的にオファーされていた。

 
○高級なディフューザー 各130ポンド(約1万9000円)
 ヘンリー王子夫妻のロイヤルウェディングは、セントジョージ礼拝堂で行われた。伝記内で著者は「教会内がカビ臭いから芳香剤をまくようメーガン妃が文句をつけた」とする報道に対し、メディアによる夫妻への偏見があったとしている。しかし、関係者は全員「匂いは大丈夫だった」と話しているだけでなく、この時に置かれたディフューザーは提供されたものだったのではないかと「メール」紙は指摘している。

 
○豪華なコテージとスイートルーム 4650ポンド(約66万9000円)
 交際中、夫妻はコッツウォルズにあるソーホー・ファームハウスのプライベートコテージや、サマセット州バビントンのソーホーハウスに滞在。1晩1800ポンド(約25万9000円)は下らないとされているが、これも無料だったと思われる。

 
○交際中のお忍び旅行 4万9000ポンド(約705万円)
 メーガン妃の元親友である、カナダの社交界にも通じるスタイリストのジェシカ・マルロニーさんは、2016年10月にメーガン妃とヘンリー王子の交際が報じられると、同妃から秘密裏にイギリスへ行く手助けをしてほしいと頼まれたという。

 伝記本には「ジェシカはカナダの不動産業界のパワーカップルである、クリスタル・コーとマイケル・クーパーが持つプライベートジェットを彼女のために手配した」と記述されている。4万9000ポンドは、カナダのトロントからロンドンまでの片道料金。