暮らし

憧れブランドから付録まで 持つだけでハッピーなエコバッグを調査! 「あなたのお気に入り、見せてください」~後編~

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

デザイン・価格・容量……自分の好みに合ったエコバッグを探す楽しみも【写真提供:chii(chii__m)さん】
デザイン・価格・容量……自分の好みに合ったエコバッグを探す楽しみも【写真提供:chii(chii__m)さん】

 Hint-Pot編集部がインスタグラムで発見した、素敵なエコバッグを紹介するこの企画。後編では、憧れブランドのエコバッグからSNSで話題の付録バッグまでご紹介する充実のラインナップ。これを見れば、今まさにエコバッグを探している人はもちろん、すでに持っている人も2つ目が欲しくなること間違いなしです!

 ◇ ◇ ◇

日常的に使うから素敵なものを選んでみる 憧れ系バッグ

 まずは憧れブランドのエコバッグからスタート。ちょっとした色使いや小さなロゴまでかわいかったり、持つ度に誰かに褒められたり。日常的に使うエコバッグこそ素敵なものを選んでみる――。そんなところにも、毎日をもっと楽しくするヒントがあるのかも!

 

「MYLAN」(マイラン)の“Eco Bag”

「MYLAN」(マイラン)の“Eco Bag”【写真提供:chii(chii__m)さん】
「MYLAN」(マイラン)の“Eco Bag”【写真提供:chii(chii__m)さん】

【写真提供:chii(chii__m)さん】

価格:6200円(税別)
サイズ(目安):縦65センチ(袋部分40センチ)×横35センチ×マチ8.5センチ

 
 スタイリスト・佐々木敬子さんが手がけるブランド「MYLAN」の“Eco Bag”を紹介してくれたchiiさん。

「たっぷり入って使いやすいです。持ち手を結ぶと、肩がけではなく手提げバッグみたいに使えるところもお気に入り」。カラフルなストライプやサークル状のロゴ、折りたたんだ時の丸いフォルムにも、上品なかわいらしさが漂います。

 ホワイトとライラックの2色を持っているchiiさんは「毎日どちらか必ず使います。買い物、海、ジム、カフェに行く時など、何でも」。ちなみに欲しいと思ったきっかけは「普段の服に合わせてもかわいいし、ペットボトルをリサイクルした生地を使っているから」。おしゃれなだけじゃなく、まさにエコバッグ! なんですね。

 

「LUDROW」(ラドロー)の“メッシュトートバッグ”

「LUDROW」(ラドロー)の“メッシュトートバッグ”【写真提供:エリー 九州活性(elliems2019)さん】
「LUDROW」(ラドロー)の“メッシュトートバッグ”【写真提供:エリー 九州活性(elliems2019)さん】

【写真提供:エリー 九州活性(elliems2019)さん】

価格:9350円(税込)
サイズ(目安):縦33センチ×横28~42センチ×マチ16.5センチ

 
 人気ブランド「LUDROW」の“メッシュトートバッグ”を使っているのは、エリー 九州活性さん。アイボリー地に赤の“merci”ロゴがお気に入りとか。

「『ELLE SHOPオンライン』の限定デザインです。ファッションのポイントになり、よく褒めていただくことがあります」。しかも、かわいいだけじゃない! 「レジャー用にと思って購入しましたが使い勝手が良く、メッシュで洗える素材なので、汚れを気にせず持てるのもうれしいです。子どもと公園に行く時も使っています」と、日常でも大活躍。

「最初はスーパーに使うのはもったいないかな? と思いましたが、お気に入りを持つことでテンションが上がります」

 

「L.L.Bean」(エルエルビーン)の“グローサリー・トート”

「L.L.Bean」(エルエルビーン)の“グローサリー・トート”【写真提供:naonao(116.nao.400)さん】
「L.L.Bean」(エルエルビーン)の“グローサリー・トート”【写真提供:naonao(116.nao.400)さん】

【写真提供:naonao(116.nao.400)さん】

価格:2400円(税別)

 
 naonaoさんが使っているのは、トートバッグで有名な「L.L.Bean」の“グローサリー・トート”。「定番トートも持っていますが、こちらもとにかく丈夫。右の写真のように折りたたむと小さくなるし、主人が持ってもいいサイズ感と色で、即購入を決定。お手頃価格なのも決め手でした」

 今では「スーパーへ必ず持って行くので、ほぼ毎日」使うそう。「たくさん入るので、大型ショッピングモールの買い出しも、これ1つでだいたいOKです」

 ちなみに、このバッグを使い始めてもう1つ嬉しいことがあったとか。「主人が進んで荷物を持ってくれるようになりました!」と、素敵なバッグで買い物のテンションが上がるのは、女性だけじゃないようです。