海外ニュース

メーガン妃とヘンリー王子は「恥知らずな金儲け主義者」 動画配信サービスとの巨額契約に名物司会者が痛烈批判

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】
メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】

ピアーズ・モーガン氏が一刀両断 英各紙も批判的な見方

「money-grabbers」。この言葉を直訳すると「金を鷲掴みにする人間」となり、お金に汚い強欲な人間を揶揄する言葉となる。そんな強烈な表現に「shameless(恥知らず)」という言葉を加えて、英有名テレビ司会者のピアーズ・モーガン氏が、メーガン妃とヘンリー王子を痛烈に批判した。夫妻は、米動画配信大手「ネットフリックス」と巨額契約を結んだとされ、ヘンリー王子はすでにドキュメンタリー番組に出演済み。モーガン氏は夫妻の制作能力にも疑問を呈している。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・スター」が掲載した記事によると、モーガン氏は、メーガン妃とヘンリー王子が1億ドル(約106億円)とも伝えられる莫大な金額でネットフリックスと契約を結んだことについて「元ロイヤルを売り物にしただけ」と一蹴した。

 さらに「一体、誰がこの2人が作ったものに感動するんだ?」と続けて、夫妻の根本的な作品制作能力を疑問視している。

 ヘンリー王子夫妻はドキュメンタリーや子ども向け番組などの制作を手がける会社を設立し、夫妻自身も出演する可能性があるとされている。ヘンリー王子はすでに、ネットフリックスで配信されているドキュメンタリー番組「ライジング・フェニックス」に出演。パラリンピックについて熱く語っている。

 ご意見番の毒舌はこれだけでは止まらない。「最近この2人がやったことといえば、愚痴を言い続け、責任ある仕事を放り投げ、金持ちの友人にたかり、特権的立場から世の中に“公平”を説くことだけ」と、英王室離脱から今に至る夫妻の行動をばっさり。

 そして「単なる恥知らずの金儲け主義セレブリティとなった」と発言して、ネットフリックスとの巨額契約について嫌悪感をむき出しにした。

 他の英大衆紙も、今回の契約には批判的な見方を示している。英大衆紙「デイリー・メール」は、メーガン妃とヘンリー王子は“王室引退”後も、経済活動について英王室とコンセンサスを取るという前提だったにもかかわらず、今回の契約をエリザベス女王に報告しなかったと伝えた。「デイリー・ミラー」は「今回の契約は王室からの最大の搾取」という王室専門家の見解を大々的に報じている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)