恋愛・夫婦

できた嫁が気に入らなかった姑 息子が“相談女”に引っかかって気が付いたこと 「本当に奇跡みたいなもの」

著者:和栗 恵

タグ: , , ,

嫁姑間の不和に悩む女性は多い(写真はイメージ)【写真:写真AC】
嫁姑間の不和に悩む女性は多い(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 あるアンケート調査によれば、嫁姑間の関係が「あまり仲良くない・仲良くない」と答えた人は約3割。また、夫側から申し立てた離婚事由の上位に「家族親戚との折り合いが悪いこと」が挙がるなど、嫁姑間の不和が元でさまざまなトラブルが起こるようです。息子が選んだ年上の妻が気に入らず態度に出していたところ、息子夫婦の離婚危機に直面し、考えを改めたという女性に話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

何から何まで気に入らなかった “できすぎた”嫁

 3年前、手塩にかけて育てた一人息子が結婚。息子より5歳上の嫁に対し、これまで良い感情を抱くことができなかった……と語るのは、上村尚子さん(仮名・59歳)。

「こんなことを言うと姑根性だと非難されてしまうかもしれませんが、顔合わせをした時から嫁のことが気に入りませんでした」

 長男の妻は、尚子さんの息子が通った大学よりも偏差値の高い、一流の大学を卒業。現在は大手企業に勤め、年収が息子より300~400万円は高く、身なりのきちんとした、いわゆる完璧な女性という印象だったそう。

「なぜだか分かりませんが、その時は息子より年上なことが無性に気になりました。あと、きちんとしすぎていて、かわいげがない嫁だなぁと。それにご実家も裕福で、こんなすごいお嬢さんをもらうなんて今後のお付き合いも大変そうだし……。息子は何を考えているんだろう。そう思っていました」

 実は息子夫婦が結婚して初めてのお正月を迎える際、尚子さんはちょっとした意地悪を仕掛けようと思い付きました。

「今の若い人は作れるはずがない。そう高をくくり、お嫁さんを呼び出して一緒におせち料理作りをしたんです。ところが嫁は、おなます用の大根のかつらむきなど、それはそれは手際良くこなすのでびっくりしました」

 尚子さんがなぜそんなに手際が良いのか話を聞くと、学生時代にお茶やお花、料理教室といった習い事に一通り通っていたことを打ち明けてくれたそう。

「こちらが嫌味を言ってもサラリとかわされてしまい、何だかもう、早く別れればいいのにって。気が付いたら、そんなことばかり考えていたように思います」

 しかし、息子夫婦が結婚して1年が経った頃、尚子さんは息子の不倫が原因で離婚するかもしれないと本人から明かされました。