健康・美

長時間のマスク着用で「マスク頭痛」や倦怠感… 呼吸を深めるセルフマッサージで不調を撃退!

著者:村上 華子

タグ: , , ,

深い呼吸を意識【写真:村上華子】
深い呼吸を意識【写真:村上華子】

 今や日常生活に欠かせなくなったマスク。外出時の必需品ですが、着用時間が長くなるほど「呼吸」に起因する不調も増えているようです。ヨガインストラクターで薬膳フードデザイナーの村上華子さんによると、中医学における「肺」は免疫力に関わる臓器と考えられているそう。そこで今回は、マスク着用時の不調を撃退するセルフマッサージを紹介していただきました。

 ◇ ◇ ◇

長時間のマスク着用で身体の不調を感じたら…「深い呼吸」を意識して

 日常でのマスク着用はすっかり当たり前になりました。ただし一方で、長時間のマスク着用による倦怠感や「マスク頭痛」など、不調を訴える人も増えたようです。不調を感じたら、まずはソーシャルディスタンスが保てる場所に移動して、マスクを外した状態で1分間ほど深い呼吸を行いましょう。普段の呼吸で取り込まれる酸素は、生命維持のためのエネルギーです。

 さらに中医学では、免疫を「気」の役割と考えます。シンプルに言うと、呼吸に関係する「肺」は免疫力と関わる臓器でもあるのです。このため、気持ち良い呼吸を行う習慣を取り戻すことで肺を健やかに保てば、元気の底上げが期待できるでしょう。

 また、質の良い呼吸を行うためには、呼吸を行うための準備も大切です。日頃の精神的なストレスや猫背の姿勢、身体のこりなどによって浅い呼吸が癖になってしまっている場合、呼吸に関わる筋肉をほぐすことでスムーズな呼吸を取り戻すことができます。