料理・グルメ

「冷凍食品は手抜き」の考え、実は女性に多かった! コロナ禍の冷凍食品使用に関する調査

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

冷凍食品は手抜き? 男女別、世代別の考えが明らかに(写真はイメージ)【写真:写真AC】
冷凍食品は手抜き? 男女別、世代別の考えが明らかに(写真はイメージ)【写真:写真AC】

「冷凍食品は手抜きか」論争 実は女性内での世代間争い?

 新型コロナウイルス感染症の流行による外出自粛や自宅勤務の推奨で、婚姻状況や家族構成を問わず家で食事を作る傾向が高まりました。家族が多いご家庭では、毎食の準備に苦労してしまったケースも多いようです。そこで、調理が手軽な冷凍食品について調査を実施したところ、使用頻度が上がったと回答したのは全体の約2割という結果に。また、冷凍食品を「手抜き」と考える傾向は、実際には女性に高いことが明らかになりました。

 ◇ ◇ ◇

 株式会社マーケティングアプリケーションズは2020年9月、全国30歳~59歳の男女を対象に、新型コロナウイルス流行下での「冷凍食品」の使用動向などに関する調査を実施しました(有効サンプル数600)。その結果、新型コロナ流行前と比較して冷凍食品の使用頻度が上がったと回答したのは全体が21.3%、男女別では女性全体が26.3%、男性全体が16.3%となり、男女世代別では女性30代と40代が27%でトップとなりました。

「増えた」と回答した人が自由回答で答えたその理由としては、「おいしいから」や「簡単にすぐ食べられるから」といった品質と手軽さに関する内容の他、「家にいることが増えて、自宅での食事が多くなったので」や「買い物に行く回数を減らしたいので」「野菜が高騰しているから」など、新型コロナ流行の影響が見受けられました。

 そこで「よく使用する」と回答された冷凍食品メーカーを、顧客が「企業やブランドに対してどれくらいの愛着や信頼があるか」を数値化する指標「NPS(R)(ネットプロモータースコア)」によりランク付け。「テーブルマーク」が1位に輝き、2位に「味の素冷凍食品」、3位に「ニチレイフーズ」がランクインしました。

 また、最近のネット上では「手抜き料理」に関する論争が勃発。妻が出した冷凍餃子を「手抜き」とした夫の話なども大きく取り沙汰されました。そこで「冷凍食品を使用することが手抜きだと思いますか?」とストレートに質問したところ、何と全体では「あまりそう思わない(23.7%)」「思わない(15.7%)」の「NO派」が計39.4%、「そう思う(6.2%)」「まあそう思う(24.2%)」の「YES派」が計30.4%と「NO派」が勝利。男女別でも男性全体は「YES派」が計21.0%、「NO派」が計45.4%と、男性はあまり手抜きと思っていない状況が明らかになりました。

 しかし、女性全体では「YES派」が計39.7%、「NO派」が計33.4%と逆の結果に。女性の世代別では30代と40代で「YES派」が計40.0%を占めていました。もしかすると、冷凍食品の手抜き論争はきっかけこそ男性の発言でしたが、その後は主に女性内での世代間争いだったのかもしれません。あまり気にしすぎず、自身のライフスタイルや体力に合わせて楽しいお料理ライフを過ごしたいものですね。

(Hint-Pot編集部)