料理・グルメ

自炊疲れお助けレシピ いつもの「みそ汁」を多めに作ってアレンジ2品

著者:市川 千佐子

タグ: , , , , ,

いつものみそ汁をアレンジ【写真:市川千佐子】
いつものみそ汁をアレンジ【写真:市川千佐子】

 家で料理を作ることが増えている人も多いと思います。日本の家庭の味といえば「みそ汁」。多めに作ってアレンジすれば、時短調理にもつながります。市川千佐子さんの好評連載「ゆるまるレシピ」の今回は、「みそ汁アレンジ」。前回は昆布と煮干しからだしを取る簡単な方法と、みそ汁の作り方の基本のおさらいを紹介しましたが、今回はたくさん作ったみそ汁を2度楽しむ、おいしいレシピを紹介します。豆みそや麦むぎなど2種類のみそを混ぜて作ると、味わい深いみそ汁になるそうです。

 ◇ ◇ ◇

みそ汁を1度作って2度おいしく チゲ風に

 一斉休校や在宅での仕事で、家族が家にいる機会が多くなり、毎食の献立のマンネリや調理時間にストレスを感じることもあるかもしれません。そこで、いつものみそ汁を“変身”させるアレンジレシピはいかがでしょうか。

 通常は、人数分より多めのみそ汁を1度に作ることはあまりないかもしれませんが、今回はいつものみそ汁をたくさん作って、1回目は通常通りに、2回目は味を変えて楽しみます。1品目はニンニクとショウガでパンチの効いたチゲ風に、2品目はコーンと豆乳でまろやかな味わいです。どちらも、みそを加えて味を調えます。みそ汁は沸騰させないのがポイントです。

スンドゥブチゲ風みそ汁【写真:市川千佐子】
スンドゥブチゲ風みそ汁【写真:市川千佐子】

○スンドゥブチゲ風みそ汁

【材料】(2人分)
みそ汁         約2杯分
豚うす切り肉      50g

A ニンニク(すりおろし) 少々
A ショウガ(すりおろし) 少々

絹豆腐         1丁 
卵           2個
みそ          適量
一味唐辛子       少々

【作り方】
1、鍋にみそ汁を入れ、中火で温める
2、一口大に切った豚肉とAを加える。火が通ったら、絹豆腐を大きめに崩しながら加え、卵を割り入れる
3、卵が固まってきたら、みそで味を調える。器に盛り、好みで一味唐辛子を振る

【ポイント】
 一味唐辛子の代わりに、七味やラー油でも良いでしょう。お子様向けには、仕上げの辛味は加えずにどうぞ。