海外ニュース

カミラ夫人 カラフルな技あり”雨の日”コーデに称賛の声 「いつもながらエレガント」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

マスクを着けて公務に臨むカミラ夫人【写真:AP】
マスクを着けて公務に臨むカミラ夫人【写真:AP】

 カミラ夫人は現地時間13日、公務で英ロンドン市内にあるホースクラブとボクシングクラブを訪問した。当日はあいにくの雨模様だったが、夫人はカラフルな装いで登場。この時の様子について英雑誌「ハロー」は、「カミラ夫人のカラフルな新しい服装が雨の日を楽しくさせた」という見出しで伝え、称賛している。

 ◇ ◇ ◇

シックでありながら明るい色合いを巧みに織り交ぜたスタイル

「ハロー」誌によると、カミラ夫人は現地時間13日にロンドン南部に位置するブリクストンのエボニー・ホースクラブとドウェイナミックス・ボクシングクラブの2か所を訪問した。

 この日、夫人はグラデーションが効いた美しい模様のストール、 タータンチェックのスカート、黒のブレザー、チャンキーヒールのブーツというコーディネートで登場。シックでありながらも、ところどころに明るい色使いが映えるカラフルな服装を、「いつもながらエレガントに見えた」と記事は伝えている。

 また、公務の間、屋外にいた時についても、「防寒のために、シックなレザーの手袋をつけ、アクセサリーはクラッシックなパールのイヤリングだった。そして、女王とまったく同じように、『フルトン』の傘も持っていた」と紹介。「このゴージャスな色の組み合わせがたまらない!」と褒めたたえた。

 当日、夫人はホースクラブで子どもやスタッフらと歓談。さらにボクシングクラブでは、最高経営責任者で牧師のロレイン・ジョーンズさんから、同クラブが青少年を様々な犯罪から守るため、週2回、無料でボクシングのクラスへの参加を勧めているという話を聞いた。

 ボクシングクラブが提供するサービスについて、夫人は「このようなプロジェクトが本当に重要なのです。これらは、コミュニティの中心です。ここに来て皆さんに会えた思い出は私の宝となるでしょう」などと語っていたという。

(Hint-Pot編集部)