海外ニュース

カミラ夫人 モノトーン+ヒョウ柄マスクで“攻め”のトレンドコーデ ファンから歓喜の声

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

カミラ夫人【写真:AP】
カミラ夫人【写真:AP】

 カミラ夫人が、現地時間21日に公務で英ロンドン市内の福祉施設を訪問した際、モノトーンのシックなスタイルに、ヒョウ柄のマスクを合わせて登場したことが話題となっている。このコーデを英誌は「何と素敵な着こなし」と称賛。また、クラレンス・ハウスの公式SNSにはファンから歓喜の声が寄せられている。

 ◇ ◇ ◇

福祉施設で食事の袋詰めやボランティアと面談した

「ハロー」誌が掲載した記事によると、カミラ夫人は現地時間21日、英ロンドン西部のノッティングヒルにある社会福祉施設「ペッパー・ポット・センター」を訪問。年金受給者や足が不自由なお年寄りに届ける食事の袋詰めを手伝った他、同所で50歳以上を対象としたパソコン教室をリモートで運営しているボランティアとも面談した。

 この際に夫人は、白のブラウスに黒のピナフォアドレス(エプロンドレス)と黒のジャケットを合わせて登場。さらに、ワイルドテイストなヒョウ柄のマスクをワンポイントにした。また、胸元にはダイアモンドとルビー、サファイアがあしらわれた馬蹄型のブローチが光り、華やかさがプラスされている。

 記事はこのスタイルを「思わずうっとり。何と素敵な着こなし」と高く評価。服はすべて夫人お気に入りのデザイナー、フィオナ・クレア氏によるもの。また、マスクはファンから贈られた手作りの品だとみられている。

 今回の夫人のコーディネートがSNSで公開されると、ファンからは早速「夫人の着こなしが大好き」「お洋服がすごく似合っています」「最高のコーディネート!」「素敵なマスク!」といった歓喜のコメントが寄せられていた。

(Hint-Pot編集部)