動物・レジャー

新型“マリカーに元保護ねこが参戦 コースを爆走する姿が海外からも大反響 「ニャリオサーキット」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

“爆走”が話題となったキャビアちゃん【写真提供:足風邪タカヤ(@bq4XxDq9KONwqi8)さん】
“爆走”が話題となったキャビアちゃん【写真提供:足風邪タカヤ(@bq4XxDq9KONwqi8)さん】

 愛猫との大切なスキンシップに必須のアイテムといえばねこじゃらし。狩猟本能を刺激され、真剣に追いかける姿はとても微笑ましいですが、振っている方は意外と大変……。しかし、ちょっとした発想で、ねこが大満足するほどたっぷりと遊べる画期的な方法が話題になっています。人間も微笑ましくその様子を見守ることができる“ねこまっしぐら”の遊び方を発見した、飼い主の足風邪タカヤ(@bq4XxDq9KONwqi8)さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

野良ねこに連れられてやってきたキャビアちゃん

 見慣れないラジコンカーに興味津々なのは、推定生後6か月の元気いっぱいな女の子「キャビア」ちゃん。ちょっぴり人見知りだけど、何にでも好奇心がくすぐられてしまうお年頃です。キャビアちゃんの名前は、任天堂の人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」に登場する黒ねこから取ったそう。

 キャビアちゃんが飼い主さんの元に現れたのは、今から約4か月前のこと。とても小さなキャビアちゃんを連れた野良ねこが自宅前に現れました。ねこたちを放っておくことができなかった飼い主さんは、餌付けをして徐々に警戒心を解き保護。現在のキャビアちゃんはすっかり人間との生活にもなじみ、おうちの中を駆け回っています。

 この日、キャビアちゃんが虜になってしまったのは、任天堂から先月発売されたばかりの「マリオカート ライブ ホームサーキット」。Nintendo Switchと連動させることで、実際のカメラ内蔵カート(ラジコンカー)をコースで走らせることができる新しいマリオカートです。

 早速、レース用の自作コースを組み、真新しいゲームで楽しく遊んでいた飼い主さん。ですが、キャビアちゃんは動き回るカートを追いかけずにはいられません。あまりにも邪魔してくるキャビアちゃんを見た飼い主さんは、いっそ思い切り楽しませてあげようと、カートにねこじゃらしをくくり付けることを思い付きました。

 目の前を疾走するねこじゃらしを無我夢中で追いかけるキャビアちゃん。障害物も器用に跳んだりくぐったり……。段々とコースのショートカットもお手のものに。動画を撮影した後も、カートの充電が切れるまでずっと遊んでいたそう。

 飼い主さんいわく「いつもは夜になると活発になり、部屋中を駆け回るのですが、この日は疲れたのかぐっすり眠ってました」とのこと。たっぷりと遊んでもらえたキャビアちゃんは、大満足で心地よく眠りに就いたようです。

 動画は大きな反響を呼び、海外の人からもコメントが。また、「猫は運動になるし見てる側は楽しめるし一石二鳥」「ニャリオサーキット」「こんな贅沢で健康的(猫目線)な遊びが…!!!」など、たくさんの感想が寄せられています。

 飼い主さんはこれからも、キャビアちゃんの良い写真や動画が撮れたら発信していく予定だそう。面白い遊びを次々と発明して、きっとキャビアちゃんをいっぱい楽しませてくれることでしょう。

 ちなみに商品公式サイトには、「ペットを飼っていても大丈夫?」との質問に対し、「ペットの毛が床に落ちているとカートに絡まる恐れがあります。遊ぶ前に部屋を掃除して、ペットが近付かないようにして遊んでください」と掲載されており、ペットと遊ぶのは推奨されていません。ペットとの“交通事故”には十分お気を付けください。

(Hint-Pot編集部)