海外ニュース

ヘンリー王子とメーガン妃 ネトフリ作品は「歯科医に行くような」苦痛? 有名司会者が痛烈皮肉

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 英国で人気の朝の情報番組「グッド・モーニング・ブリテン」の司会者、ピアーズ・モーガン氏がまたもヘンリー王子とメーガン妃に噛み付いた。今回は「ネットフリックス」から今後公開される夫妻の作品に対し、痛烈な皮肉を込めて苦言を呈したという。英紙が報じている。

 ◇ ◇ ◇

ヘンリー王子夫妻の作品は「歯の神経治療」と同じ!?

 ヘンリー王子とメーガン妃が米動画配信大手「ネットフリックス」と100億円超ともいわれる巨額契約を結んだ際には「まったく楽しみではない」と発言していたモーガン氏。英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が掲載した記事によると、今回、改めて夫妻の今後の公開先品への期待を否定したという。

 モーガン氏は同紙に対し「(2人の)熱狂をはらんだ啓発的なドキュメンタリー番組が楽しみだ。歯の神経治療に行くのが楽しみだったように」と独特な皮肉をもって語り、夫妻の番組は“苦痛”とも取れる表現をした。

 また、記事ではメーガン妃批判を繰り返すモーガン氏を家族が心配したというエピソードについても触れている。ある日の夕食での一幕のこと。息子から「どうしてそこまでメーガン妃が気になるのか?」と聞かれ、「そんなことはない」と応じたそうだが、「彼(モーガン氏)の答えは説得力があるようには聞こえなかった」としている。

 ヘンリー王子と知り合う前に一瞬ではあったものの、メーガン妃と友人関係になったモーガン氏。しかし、その後、メーガン妃と王位継承権6位の王子との交際が始まると、ぱったりと連絡が途切れてしまったという事実が報道されたばかり。夫妻の作品への期待を否定するという言動は、妃への苦い思いから来ているのだろうか。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)