暮らし

“働く主婦層”は世帯年収900万円でも18%以上が不満? 「夫の年収1000万でも余裕ない」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

「2000万円は欲しい」… アンケートの答えた人たちの具体的な声は?

 アンケートに答えた主婦たちは、具体的にどんなことを考えているのでしょうか。以下に、それぞれの声を挙げてみましょう。望ましい世帯年収についてのフリーコメントから抜粋しました(年代/お子さんの数/世帯年収額)。

 
【「大いに満足」「やや満足」と回答した満足組】
「日頃の生活費プラス老後の貯蓄ができるくらいの年収が欲しい」(50代/2人以上/700万以上~900万未満)
「中途半端に世帯年収が多いので高校無償化や私立高校の学費補助などが一切対象外。税金は多く納めているのに恩恵は受けられず腹立たしい。910万を下回っている方が望ましいのかもしれないとすら思う」(40代/2人以上/900万以上)
「家賃が15%に収まるような年収を望んでいます」(40代/1人/900万以上)
「我が家は合わせて約1500万円だが2000万円は欲しい」(50代/1人/900万以上)

 
 高校無償化や学費補助の対象外という不満は、高収入ならでは。また貯蓄を考えると現在の収入では足りないと考える人もいるようです。

 
【「大いに不満」「やや不満」と回答した不満組】
「子どもがどんな進路を選択したとしても諦めなくて良い年収が希望」(30代/1人/700万以上~900万未満)
「物価、子供の習い事の月謝、税金など支出は年々上がっているのに年収は変わらないので、行楽に使うお金がどんどん減っている」(50代/1人/100万以上~300万未満)
「現状でも何とか子どもの教育費はまかなえそうだけど、年金がまったくあてにならない以上、老後費用やマイホームの購入などの理想を形にするには、私の手取りを増やさないとどうしようもないなと感じている」(30代/2人以上/300万以上~500万未満)
「我が家の主人の年収は1000万です。でも子供が3人だとまったく余裕ありません。持っていかれる税金も半端ない。なのに、児童手当は年収制限で1人5000円の特別支給のみ」(40代/2人以上/900万以上)
「希望は600万だが、500万あれば毎月一定額の貯蓄ができるようになり、老後の不安がかなり解消する」(50代/いない/300万以上~500万未満)

 
 こちらは「子どもに関する支出」で頭を悩ませている人が多いようです。教育や習い事など、不自由な思いをさせたくない気持ちはもっともですよね。

 
【「どちらとも言えない」と回答した人】
「子供の成長とともにかかるお金も増えるので、給料ももっと上がっていってほしいが、社会情勢に左右されていてなかなか難しい」(40代/1人/300万以上~500万未満)
「睡眠時間を削って仕事をしなければ人並みに生活できない世の中はどうなのかと思ってしまいます。奨学金を使わなくても子どもたちが大学に通えるぐらいの世帯年収が稼げるようになりたいです」(50代/2人以上/500万以上~700万未満)
「ほとんどの人が多ければ多いだけ良いと思うのではないでしょうか」(40代/1人/答えたくない・分からない)

 
 今は今でどうにかしているが、決して現状に満足しているわけではない……という微妙な気持ち。給与が下降傾向にある社会情勢を理不尽と感じつつ、どうにもならないやるせなさを覚えているようです。

 子どもの将来などを考えると、世帯年収は多い方がいいと思っている人が目立つのは当然といえます。また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、現状に“不安”を感じている人も少なくないでしょう。誰もが安心して暮らせる社会にはまず、給与の上昇が不可欠といえます。

(Hint-Pot編集部)