動物・レジャー

前足とシッポの一部をなくしたねこ 高い場所から降りる時はおしりから 工夫を凝らす姿でフォロワー11万人!

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

独自の“工夫”を考え付いた海外ねこが話題に(写真はイメージ)【写真:写真AC】
独自の“工夫”を考え付いた海外ねこが話題に(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 元気いっぱいにおうちの中で遊ぶねこ。ねこ好きならおなじみの愛らしい姿ですが、とある国に暮らす海外ねこの「レックス」くんは、よく見ると動きに“工夫”があります。実のところレックスくんには、前足とシッポの一部がありません。このため高い場所の上り下りなどの基本的な動きについて、独自の“工夫”を考え付いたのです。そんなレックスくんの日常を伝えるSNSが、世界のねこ好きから熱い注目を集めています。

 ◇ ◇ ◇

ダッシュ移動の時は下半身をバネのように使って前進

 9月末にTikTok(@rex2paws)でアカウントを開設して以来、たった1か月でフォロワー11万人を突破したレックスくん。まさに“人気爆発”ですが、並んでいる動画は一見するとごく普通のかわいいねこです。「人気の秘密はどこに?」とじっくり見てみると、レックスくんのある“工夫”に気付くでしょう。

 実はレックスくん、子ねこの時の事故で前足とシッポの一部を失ってしまったそう。このため前足では着地できないため、椅子や階段など高い場所から降りる時は、おしりからすとんと着地します。頭をぶつけないよう、洗濯物の山をクッションに使うことも。また、ダッシュ移動では、フローリングの床をつるつる滑りながらも、下半身をバネのようにうまく使っての前進です。

 レックスくんの人気ぶりを伝えた英大衆紙「デイリー・メール」によると、あるファンは滑り止めのラグを買うようにアドバイスしたそう。飼い主さんもそうしたい気持ちを明かしましたが、当のレックスくんがおしっこをしてしまうので無理なのだとか。また、出身は「おそらくカナダ」とされており、特定はできないようです。

 さらに、レックスくんにはその名の由来となった特技があります。それは、後ろ足だけで支えて人間のように立つこと。背筋をピンと伸ばした姿が恐竜のようにも見えることから、レックスくんと名付けられたそうです。

 フォロワーは現在も急増中で、コメント欄には「レックスは私の人生を台無しにするかもしれないが、私はそれでもかまわない」「レックス、すごく愛してる。たくさんハグしたい」などなど、熱烈な愛の告白が殺到しています。つい先日は、YouTubeチャンネル「Rex2Paws」も開設されました。これからも“工夫ねこ”として世界の人気を集めそうですね。

(Hint-Pot編集部)