海外ニュース

ウイリアム王子 新型コロナ感染非公表は正しかったのか 「王室が嘘をついた」との声も

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

ウイリアム王子【写真:AP】
ウイリアム王子【写真:AP】

 4月に新型コロナウイルスに感染していたことが判明したウイリアム王子。この事実が7か月後に明らかになったことが波紋を広げている。識者の多くは「公表すべきだった」と非公表の判断に疑問を呈しているが、一方で「賢明だった」と評価する専門家も。その“是非”をめぐって英メディアで議論が沸騰している。先日、新型コロナの医療従事者に感謝の思いを伝えていたことが話題となったウイリアム王子夫妻だが、“公表しない”という判断は果たして正しかったのだろうか。

 ◇ ◇ ◇

「完治後に公表すべきだった」との意見も

 新型コロナ感染の事実を公表しない判断は「賢明だった」との見解を示したのは、王室専門家で王室専門雑誌「マジェスティ」の編集長であるイングリッド・シュワード氏。英大衆紙「ザ・サン」によると、「『感染してしまった』と公表することが誰のためにもならないと、(ウイリアム王子は)非常に賢明な考えを持っていた。だから明かさないでいようと決めたのです」と述べている。

 感染を公表したボリス・ジョンソン英首相は、4月上旬に入院生活を送っていた。「多くの著名な人物が同時期に病気になるのは、あまりに怖いことと考えたのでしょう」とシュワード氏はウイリアム王子の思いを推測している。

 一方で、疑問を呈している識者は多い。英大衆紙「デイリー・メール」によると、「マジェスティ」の編集局長を務めるジョー・リトル氏は「王室の立場からすると、発表しなかったことは賢明だっただろうか? みんなが極めて異常な時を生きており、誠心誠意の行動だったと言うこともできると私は思う。しかし、今となって思い返せば、疑問の余地が残ることだと私は考えている」と指摘したという。

 さらに「彼(ウイリアム王子)が完治してこう言っていたら思慮深いことだ、となっていただろう。『感染してしまったけど、今は大丈夫だよ』とね」と言及。完治直後に感染を公表していたら、印象はまったく違ったとの見解だ。

 また、王室コメンテーターのロバート・ジョブソン氏は自身のツイッターに「王室が嘘をついたということだ。彼らはメディアからウイリアム王子が感染したか問われていた。誤った判断だ」と記した。

公人に期待するのは誠実さ “信頼を損なう”と批判

「メール」紙の王室リポーターであるリチャード・パルマー氏は次のように断じている。

「将来国王となる人物がロックダウン中に、命に関わるウイルスに感染しているかもしれない状況となり、それを隠したとする。そうなったら、彼やアドバイザーの発言を誰が信用するだろうか。そういった重大な疑念が生まれる。英国が公人に期待するのは“誠実さ”だ。パンデミックの状況では特にそうなる。これはウイリアム王子本人や助言を与える人間に(今後も頭を悩ませて)付きまとう隠蔽かもしれない」

 そして、記者・王室伝記作家のペニー・ジュナー氏は「この話を聞いた時、こう思った。『これが本当であるわけがない。大事なニュースなら、どんなことも世間に知られているものなのだから。国のリーダーの身に何か起きた場合、世間的に関心を集めることなら、通常であれば周知の事実。だからとても違和感がある』」と疑問を口にしている。

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、前出のパルマー氏はツイッターでこのようにも記したという。

「ボリス・ジョンソンやキア・スターマー(英労働党の党首)、エマニュエル・マクロン(仏大統領)、アンゲラ・メルケル(独首相)、ドナルド・トランプ(米大統領)、ジョー・バイデン(米大統領選の民主党指名候補)が(新型コロナウイルスの)検査結果を隠蔽していたら、国民に不安を与えないためという理由で称賛する人は多くはないだろう」

 ウイリアム王子の新型コロナ感染非公表の理由については「国民に不安を与えなくなかったから」と各メディアで報じられている。ただ、今回の判断の是非については今後もさまざまな意見が出てきそうだ。

(Hint-Pot編集部)