海外ニュース

カミラ夫人はヘンリー王子以上の存在感? 戦没者追悼式に“代替出席”した姿が話題に

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

カミラ夫人【写真:AP】
カミラ夫人【写真:AP】

 カミラ夫人は現地時間4日、ウェストミンスター寺院で行われた戦没者追悼式「フィールド・オブ・リメンブランス」に出席した。昨年まで出席していたヘンリー王子が王室を離れたため、夫人がその役を引き継いだ。夫人はミリタリースタイルのコートを着用し、追悼の意を表す赤いポピー柄のマスクを着けた。この式典に携わっている慈善団体「ポピーファクトリー」のパトロンを務める夫人について同団体のトップは「今後もこのイベントに関わってほしい」と語っている。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

ダークグリーンのミリタリーコートを着用 気品あふれる姿を披露

 英大衆紙「デイリー・メール」によると、毎年11月に実施される戦没者追悼式「フィールド・オブ・リメンブランス」には王室のメンバーが必ず出席。2013年からはヘンリー王子がこの役を引き受け、昨年はメーガン妃とともに出席して話題を呼んだ。

 しかし、3月に“王室引退”したヘンリー王子夫妻は公務から退き、現在は米国で暮らしている。そこで今回は、この式典に携わっている慈善団体のパトロンも務めているカミラ夫人が出席することとなった。夫人は昨年、ヘンリー王子夫妻とともに出席予定だったものの体調不良のため欠席していた。

 カミラ夫人は式典に合わせ、気品あふれるダークグリーンのミリタリースタイルのコートに、「フィリップ・トレーシー」のライフルズ・ハットという出で立ち。左胸には連隊のブローチを着けていた。また、コートの襟部分にはポピーのブローチを。さらに、来客者名簿に記名するため聖マーガレット教会を訪れた際には、ポピー柄のマスクを着用し、戦没者へ追悼の意を表した。

 通常1200人の退役軍人と家族が参加するこの式典。しかし、92回目となる今回は、新型コロナウイルスの影響で少人数での開催となった。夫人は「今年は多くの人が集まることができずに残念です」と述べたという。

 慈善団体のトップであるライオネル・ジャーヴィス氏は、カミラ夫人について「ポピーファクトリーを本当によくサポートしてくださるパトロンですので、これが恒例となるでしょう。ヘンリー王子は今、他のことで忙しいようなので、ここ数年でどうなるか見ていきましょう。私たちはカミラ夫人がこのまま関わってくれるのが良いことだと思っています」と語った。

(Hint-Pot編集部)