海外ニュース

キャサリン妃は「最もスタイリッシュなロイヤル」 ファッションサイトの“おしゃれ調査”で2位に

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃【写真:Getty Images】

 英国民から絶大な支持を集めるキャサリン妃。ファッションやヘアスタイルなども常に注目を浴びる存在だが、今回、世界最大級のファッションECサイト「FARFETCH(ファーフェッチ)」の調査で、最もスタイリッシュなロイヤルに選出されたことが分かった。全体でもヴィクトリア・ベッカムに次ぐ2位だった。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

1位はヴィクトリア・ベッカム キャサリン妃とは4ポイント差だった

 英大衆紙「デイリー・メール」によると、キャサリン妃は24%の支持を得て2位に。世界のロイヤルメンバーでただ1人トップ10に選出された。メーガン妃は入っていない。

 1位はヴィクトリア・ベッカムで28%。キャサリン妃は4ポイント及ばなかったことになる。2人は親密な間柄にあり、2011年のウイリアム王子とキャサリン妃の結婚式に、ヴィクトリアは夫のデビッドとともに出席している。

 3位はイタリア人のインフルエンサー、キアラ・フェラーニ、4位に米国のソーシャライト、オリヴィア・パレルモ、5位にシンガーソングライターのエリー・ゴールディングが入っている。

 キャサリン妃は洋服やアクセサリーで「思い」を伝えることで知られる。新型コロナウイルスが最初に感染拡大したこの春には、ビデオ通話に登場した時の服の色を合わせていくと、国民保健サービス(NHS)のスタッフとの連帯のシンボルといわれる「虹色」になると話題になった。また、この数か月間で「スザンナ」「ステラ マッカートニー」「エミリア・ウィックステッド」など、手頃な価格のハイストリートファッションを取り入れて注目を集めた。

 倹約家でもあり、着回しの達人とも称される。先日、ロックダウン中の英国の生活をとらえた写真展「ホールド・スティル(Hold Still)」の参加者に向けてビデオメッセージを送った際には、2012年に初めて披露した「ザラ」の赤いジャケットを再び着用したことも話題になった。そんな妃の装いは、多くのロイヤルの中でも突出した存在のようだ。

 
○スタイルアイコントップ10
1  ヴィクトリア・ベッカム
2  キャサリン妃
3  キアラ・フェラーニ
4  オリヴィア・パレルモ
5  エリー・ゴールディング
6  アレクサ・チャン
7  ジェーン・バーキン
8  アンナ・クリーブランド
9  リッツィー・ハドフィールド
10 ボニー・ストレンジ

(Hint-Pot編集部)