暮らし

ラップの端が見つからない! を解消する警視庁が投稿した裏ワザが話題に 「イライラしたことめっちゃあります!」

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

ラップでよくある困り事は、意外なもので解決?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
ラップでよくある困り事は、意外なもので解決?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 時間がない朝など急いでいる時ほど見失いがちなのが、ラップの“端っこ”。焦れば焦るほど見つからず、イライラしてしまうことも……。そんな端っこをすぐに見つける裏ワザを警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)がツイートしたところ大反響。たくさんの感謝の声が寄せられています。その方法とは……?

 ◇ ◇ ◇

輪ゴムを巻いてひねるだけ! 一緒に箱に入れておくとより便利に

「災害時にさまざまな用途で重宝する食品用ラップ。必要な時に引き出し口が分からなくなりイライラした経験はありませんか」

 そんな問いかけで始まった話題のツイート。ラップは防寒具として体に巻いたり、包帯代わりとして使用したり、水を節約するため食器を汚さないようにかけたりと、非常用持ち出し袋に入れておくと、とても便利だといわれています。

 しかし、とても便利なラップが、時にフラストレーションになってしまうことも。端を見失って使えなくなってしまったり、やっと端を見つけたと思ったら無理やり引きはがして変な風に裂けてしまったり。ところがツイートによると、そんなイライラも輪ゴムさえあれば解消されるというのです。

 やり方はとても簡単。「輪ゴムをラップに巻いて、手で左右に2~3回ひねる」と、切り口が現れるそう。また、「いざという時に備え、輪ゴムをラップと一緒に箱に入れておくのもいいのではないでしょうか」と、芯の隙間に輪ゴムを入れた写真も合わせて紹介しています。

 ツイートには、「あら知恵だー」「イライラしたことめっちゃあります! これは助かります参考になりましたありがとうございます!」「1度やってみます」など、たくさんの驚きや感謝のコメントが寄せられた他、「私はセロテープを貼り付けて、引き出し口を探しています」「手に水をつけて ねじれば 簡単にめくれます」など、自身が実践している裏ワザを教えてくれる人も。

 ますます気温が下がっていくこれからの季節。防寒具としても使える食品用ラップを非常用持ち出し袋に入れる際には、ぜひ一緒に輪ゴムを入れてみてはいかがでしょうか。

(Hint-Pot編集部)