料理・グルメ

長ネギの“青いところ”が絶品料理に! シンプルな材料で作るおいしい活用レシピ2選

著者:市川 千佐子

タグ: , ,

「ネギ塩油」(右)と「ネギだけおやき」(左)【写真:市川千佐子】
「ネギ塩油」(右)と「ネギだけおやき」(左)【写真:市川千佐子】

 今が旬の長ネギですが、どうも“青いところ”の食感やぬめりが苦手……と捨ててしまってはいませんか? 長ネギの青い部分は、白い部分に比べて多少の青臭さやクセはありますが、香りと辛味が強いのが特徴です。ネギ特有の旨みを生かした「ネギ塩油」と「おやき」を、人気料理家の市川千佐子さんがご紹介します。ひと手間かけて、おいしく食べ切りましょう。

 ◇ ◇ ◇

材料はたった“3品” 家にあるものだけでできる万能ダレ

密閉すれば冷蔵庫で10日間日持ちするのもうれしい!【写真:市川千佐子】
密閉すれば冷蔵庫で10日間日持ちするのもうれしい!【写真:市川千佐子】

 長ネギの青い部分は、細かく切ることでより香りが増し、固い部分も食べやすくなります。いろいろな料理にちょい足しするだけで、香りと彩りがアップ。冷蔵庫に常備しておきたい、「ネギ塩油」です。

 
○ネギ塩油

【材料】(作りやすい分量)
ネギの青いところ 約2本分(切って1/2カップ分)
塩        小さじ1/2
植物油      大さじ4

【作り方】
1、ネギの青いところを、細いものは小口切り、太いところは縦に切ってから粗みじん切りにする
2、保存瓶などに入れ、塩を加えて混ぜ、10分ぐらい置く。しんなりしてきたら、油を加え混ぜる。密閉して、冷蔵庫で10日間くらい保存可能

【使い方:いろんな料理にネギ塩油をちょい足し】
・焼き魚、焼き肉にのせる
・鍋物、湯豆腐の薬味にする
・ラーメンやスープの仕上げに加える
・チャーハンや炒め物を作る時は、初めに加える

ネギ好きにはたまらない! 素朴な簡単おつまみ

捨ててしまいがちな青いところが立派な一品に【写真:市川千佐子】
捨ててしまいがちな青いところが立派な一品に【写真:市川千佐子】

 小腹が空いた時にもすぐできる手軽さなのに、ネギの風味で満足感抜群! 最後に塗る砂糖じょうゆの代わりに、みそを塗ってもおいしく召し上がれます。

 
○ネギだけおやき

【材料】(6枚分)
長ネギの青いところ 約2本分(切って1/2カップ分)
小麦粉       1/2カップ
水         1/2カップ
塩         2つまみ
植物油       適量

しょうゆ      小さじ1
砂糖        小さじ1

【作り方】
1、ネギの青いところを、細いところは小口切り、太いところは粗みじん切りにする
2、ボウルに小麦粉、水、塩を入れ混ぜる。切ったネギを加えて混ぜる
3、フライパンを中火にかけて油を引き、2を大さじ山盛り1杯分ずつ流す。丸くなるように広げ、両面をじっくりと薄く、焦げ目が付くまで焼く
4、焼き上がったら器に盛り、しょうゆと砂糖を混ぜたものを塗る

(市川 千佐子)