暮らし

「もう一度行ってみたい温泉地」1位は15年連続で箱根温泉! あこがれ&満足度では大分県がさすがの実力

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

「人気温泉地ランキング」は15年連続で同じという不動の結果に(写真はイメージ)【写真:写真AC】
「人気温泉地ランキング」は15年連続で同じという不動の結果に(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 一段と冷え込むこの時期、温泉で芯から温まりたいですね。日本各地にある有名観光地といえば温泉ですが、今年は気軽な温泉旅行が難しい1年でした。そこで、有名旅行サイトの会員を対象にした恒例のアンケート調査で、温泉への“熱~い”愛を感じてみましょう。「もう一度行ってみたい温泉地」では、15年連続の首位も登場していますよ。

 ◇ ◇ ◇

箱根温泉は絶対王者!? トップ5の顔ぶれに変化なし

 株式会社リクルートライフスタイルの観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」は2020年8月~9月、旅行サイト『じゃらんnet』会員1万3342人を対象に、温泉地利用に関するアンケート調査を実施しました。この調査は本年度で15回目となるそうです。

 これまでに行ったことがある温泉地のうち、もう一度行ってみたいと思う温泉地を尋ねた「人気温泉地ランキング」では、1位から5位はなんと15年連続で同じという結果に。

<1位 箱根温泉(神奈川県)2549票(前年1位)>
 箱根温泉の魅力はまず、アクセスの良さがあるでしょう。東京首都圏から気軽に訪れることができるため、全国の人も東京観光のついでに訪れるなど旅行計画に組み込みやすいのではないでしょうか。また、「箱根十七湯」と呼ばれるように大小17の温泉地が集結しており、多種多様な温泉を楽しむことができます。

<2位 草津温泉(群馬県)2421票(前年2位)>
 草津温泉は日本三名泉の一つにも数えられ、都心に近いことからも人気の温泉地です。きっと誰もが一度は耳にしたことがある「草津よいとこ一度はおいで」という、草津温泉名物の「湯もみ」の時に歌われる「草津節」が、「温泉といえば草津」という印象を強くしているかもしれませんね。

<3位 登別温泉(北海道)1844票(前年3位)>
 北海道自体が人気の観光地ですから、北海道をめぐって温泉にも入りたい、という人が多いことが推察されます。北海道の南部に位置することから、北海道の玄関口である新千歳空港からのアクセスが悪くないところも人気の理由かもしれません。

<4位 道後温泉(愛媛県)1679票(前年4位)>
 道後温泉は日本最古の温泉ともいわれる歴史のある温泉地です。シンボルとして有名な道後温泉本館は3000年の歴史を持つ国の重要文化財ですし、旧駅舎を復元した道後温泉駅など、古き良き趣のある観光地としても楽しめます。また、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台となった場所というイメージも強いでしょう。

<5位 別府温泉郷(大分県)1315票(前年5位)>
 別府温泉郷は豊富な湧出量と8つの温泉地からなる「別府八湯」で日本屈指の温泉地として有名ですね。観光地としても、海のように青い「海地獄」や真っ赤な「血の池地獄」、約20メートルも熱湯を噴き上げる「龍巻地獄」などの国指定名勝をはじめとする7か所の温泉噴出口を巡る「別府地獄めぐり」は、別府ならではの面白さです。