動物・レジャー

冬の風物詩「袖ねこ」 ウネウネする斬新な動きが話題に 「新種の生き物かと思いました」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

「新種の生き物!?」と話題のねこ、レモンちゃん【写真提供:ミンヤ(@ytOo60KdmpGx6CV)さん】
「新種の生き物!?」と話題のねこ、レモンちゃん【写真提供:ミンヤ(@ytOo60KdmpGx6CV)さん】

 長袖の季節になると話題になるのが、大好きな飼い主さんの匂いがたっぷりとしみ込んだ洋服に忍び込み、袖にはまってしまう「袖ねこ」。今年もこうした姿が報告される季節がやってきました。モコモコのルームウェアの袖口に頭を突っ込んだ元保護ねこ「レモン」ちゃんは、実は昨年も同じようにルームウェアに興味を示し、全身すっぽりとはまった状態でウネウネと動き回っていました。まるでイモ虫のようにウネウネと動く姿が話題となっています。飼い主のミンヤ(@ytOo60KdmpGx6CV)さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

実家の庭で産み落とされ保護 甘え上手なレモンちゃん

 好奇心旺盛だけどちょっぴりビビりな2歳の女の子、レモンちゃん。2018年の4月に野良ねこから生まれ、ミンヤさんの実家のお庭にいたところを保護されました。フレッシュな名前はミンヤさんのお母さんが授けてくれたそう。

 当時のミンヤさんは一人暮らし。ねこを引き取れる環境ではありませんでしたが、レモンちゃんのお迎えを決意しました。まずは住環境を整えることから始めたそうです。そして、レモンちゃんは2019年9月にミンヤさんのおうちにやってきました。

今年は逆「袖ねこ」状態となったレモンちゃん【写真提供:ミンヤ(@ytOo60KdmpGx6CV)さん】
今年は逆「袖ねこ」状態となったレモンちゃん【写真提供:ミンヤ(@ytOo60KdmpGx6CV)さん】

 甘え上手なレモンちゃんは、大好きなミンヤさんが触っているものにいつも興味津々。この日はモコモコのルームウェアが標的になりました。飼い主さんが着ている袖口に頭を突っ込み、すっかり頭隠して尻隠さず状態に。

 さらにレモンちゃんは、昨年の冬には全身すっぽりとルームウェアにはまってしまったことも……。袖の先から顔だけは出せましたが、そこで詰まってしまい、文字通り“手も足も”出せない状況になってしまったのだとか。何とか這いずり出ようと動き回る姿は、まるでイモ虫のようです。

 その時の動画を飼い主さんが投稿すると大反響に! あまりのかわいらしさに、「どうやって脱皮するのか見たい」「イモ猫!!(笑)」「こういうUMAにゃんこちゃんいますよねー」「新種の生き物かと思いました」など、たくさんのコメントが寄せられました。

「自分からルームウェアに潜り込んで遊ぶことは少なく、たまたま遊びのおもちゃになりました」と飼い主さん。年に1度くらいしか見られない、レアな姿のようです。

(Hint-Pot編集部)