海外ニュース

ヘンリー王子とメーガン妃 王室と完全決別なら「10年後は忘れ去られている」と専門家が予測

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 ヘンリー王子とメーガン妃が、王室の公務から“引退”してちょうど1年となる、今年3月。エリザベス女王らとの会談が予定され、夫妻のその後の役割が決まるとされている。昨年12月にはウィンザー城に滞在する女王の元へ、7人の上級王族が集結し「新布陣」と話題になったが、そのメンバーの中に、ヘンリー王子とメーガン妃の姿はなかった。2人の将来は今後どのように展開していくのか。注目が集まる中、ヘンリー王子夫妻が王室と完全決別した場合、「10年後には忘れ去られている可能性がある」と王室コメンテーターが発言して話題になっている。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

「新布陣」の顔ぶれになかった2人の今後を大胆予想

“王室引退”後は米国に移住し、カリフォルニア州南部サンタバーバラにある、15億円超ともいわれる豪邸に暮らすヘンリー王子夫妻。英大衆紙「デイリー・スター」によると、米雑誌「USウィークリー」のポッドキャスト番組「Royally Us」で、ホストを務めるモーリー・マルシャイン氏とクリスティーナ・ガリバルディ氏が、王室を離れて1年を迎えようとする夫妻の行く末を談じたという。

 3月に予定される会談について、ガリバルディ氏は「2人は王室と良い関係を今後も保ちたいと考えていると思います。でも、欲しいものすべてを手に入れるのは難しいでしょう」と指摘する。

 次にマルシャイン氏は「2人は今が旬のカップル。王室との関係が完全に切れたら静かな人生になると思います。だから関係を保っておきたいのだと思います」と解説した。

 ガリバルディ氏はこれに同調。「10年経ったら忘れ去られている可能性があります。その頃には(現在7歳の)ジョージ王子がデートを楽しむ年齢に達しますし、2人が誰か名前も知らないという人が増えるでしょう」と冗談めかして述べた。

“王室引退”を公表した際に「経済的自立」を目指すことも明らかにしたヘンリー王子夫妻。米動画配信大手「ネットフリックス」やスウェーデンの楽曲配信サービス大手「スポティファイ」と巨額契約を結ぶなど、その実現に向けての動きが度々話題となっている。

 また、大物セレブリティらとの交流が報じられるなど、米国での華々しい生活を満喫しているが、それも“元王室主要メンバー”の威光が物を言っていることは間違いないだろう。

 夫妻は、今年3月に終了予定となっている、現在の“王室引退”条項を引き延ばしたいと考えていると報道されているが、そのキーポイントとなるのは、3月に予定されているエリザベス女王らとの会談。その結果は、夫妻の今後に大きな影響を及ぼしそうだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)