海外ニュース

ヘンリー王子とメーガン妃 1歳長男アーチーくんのために“専門家チーム”を編成か

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

2019年当時のメーガン妃とアーチーくん【写真:Getty Images】
2019年当時のメーガン妃とアーチーくん【写真:Getty Images】

 ヘンリー王子とメーガン妃夫妻の長男アーチーくんは、今年5月で2歳を迎える。夫妻の子育てについてはこれまで、遊び部屋や特注玩具などの他、成長を見守る喜びの声などが伝えられてきた。そして最新の報道によると、アーチーくんのために特別な“専門家チーム”が編成されているという。夫妻の狙いとは、息子が同年代の子どもたちの中でも「ずば抜けた知能」を持つよう確実にすることだそうだ。

 ◇ ◇ ◇

「平均よりも上のペースで成長することを確実にしたい」と情報筋

 このほど、アーチーくんのための専門家チームについて報じたのはオーストラリアの雑誌「ニュー・アイデア」。同誌の姉妹誌である英王室専門月刊誌「New Idea Royals Monthly」に情報筋が語った内容によると、作業療法士や理学療法士、そして言語療法士までが一体となりアーチーくんの指導に当たっているそうだ。

 こうした専門家が呼ばれた理由について、情報筋は「アーチーくんが同年代の子どもたちの平均よりも上のペースで成長することを確実にするためです」と説明。「彼(アーチーくん)が人生で最高のスタートを切るための正しいツールを与えたかったのでしょう」と、メーガン妃の意図を代弁している。

 アーチーくんといえば先日、夫妻が就寝前の読み聞かせを何時間も行っていることで、今ではすっかり「本の虫」になっていることが報じられたばかり。情報筋も「信じられないほど関心を持った子どもで、学ぶことに熱心です」と語っていた。

 専門家の指導と本の読み聞かせ。かわいい一人息子が立派に成長するように、夫妻は熱心な教育パパ&ママになっているようだ。

(Hint-Pot編集部)