海外ニュース

ヘンリー王子とメーガン妃 英王室はすべての称号・肩書きを剥奪すべき 英紙調査で9割が回答

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 世界を驚かせたヘンリー王子とメーガン妃の“引退宣言”から1年。英大衆紙はまたしても、2人が称号を維持すべきか、エリザベス女王は王子に英軍の名誉職を返すべきかなどについて意識調査を実施した。結果は今回も英国民の9割が夫妻に対して否定的な考えであることが判明。王子は軍務に強い思い入れがあるとされており、昨年3月には最後の軍行事を終えた車中で茫然自失の表情を浮かべている王子と、憤怒の表情を浮かべる妃の様子が話題となったこともある。

 ◇ ◇ ◇

英国民の大半はパトロンの辞退さえも希望

 昨年1月に英国王室主要メンバーからの離脱を公表し、昨年3月末日に英国王室を離れたヘンリー王子とメーガン妃夫妻。夫妻は使用していないものの、現在もHRH(His Royal Highness/Her Royal Highness)の称号を保持している。また、王子の王位継承順位は6位のままで、夫妻は王室関連の慈善団体でパトロンを務め続けている状況だ。

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」は今月15日から20日にかけて、夫妻に関する意識調査を実施。2万5974人から回答を得た。同紙は現地時間1月2日にも夫妻の称号剥奪のみを問うミニ調査を実施し、12時間で何と2万5488人が投票した結果は92%に当たる2万3506人が「YES(剥奪すべき)」だった。

 今回の調査にも「ヘンリー王子とメーガン妃はHRHの称号を維持すべきか」との設問が登場。「NO(すべきではない)」は92%(2万3717人)、「YES(すべき)」は7%(1777人)、「分からない」は1%(293人)だった。やはり、英国民は依然として剥奪を強く望んでいるようだ。

「エリザベス女王はヘンリー王子に英軍名誉職を返すべきか」との設問では89%(2万2965人)が「NO(返す必要はない)」、9%(2205人)が「YES(返すべき)」を選択。「分からない」は2%(598人)だった。王子は王室を離れる際に「海兵隊元帥」「名誉航空司令官」などの軍関係の名誉職をすべて辞任している。10年に及ぶ軍隊経験を誇りにしているとされる王子だが、英国民は復帰に「ノー」を突き付けた格好だ。

 また、「ヘンリー王子とメーガン妃は今後も慈善事業のパトロンを続けるべきか」との設問でも、90%(2万3184人)が「NO(続ける必要はない)」と回答。「YES(続けるべき)は7%(1841人)、「分からない」は3%(728人)だった。昨年の王室離脱時に行われた“メグジット”会談で、夫妻は王室に関連する慈善事業でパトロンとして活動を継続することが許された。しかし、「もはややってほしくない」という考えの英国民が大勢を占めている。

 回答した人からは夫妻への辛辣な声も寄せられている。

「プライバシーを求めて(英王室を)去っていった2人は今、あらゆるメディアに登場し、関係を断った過去を利用して大金を得ている。偽善と強欲。肩書きをすべて削除してほしい」
「王位継承者からも外れるべき。彼らは女王と英国を侮辱した。2人の偽善的な詐欺師から、すべての肩書きやパトロン業務を剥奪してほしい」
「パトロンはここ(英国)にいるべきだ。彼らは米国に住んでいるし、お金を稼ぐのに忙しいのだろう」

 調査の度に英国民の反発ぶりが明らかになる状況。ヘンリー王子とメーガン妃にはもう、英国での居場所がないのかもしれない。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)