動物・レジャー

まさに「猫の恩返し」 嵐の日に保護された律儀なねこのその後

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ずぶ濡れのピョンタくんを見つけた当時小学生の息子さん(左)、成長したピョンタくん7歳の頃(右)【写真提供:ピョンタさん】
ずぶ濡れのピョンタくんを見つけた当時小学生の息子さん(左)、成長したピョンタくん7歳の頃(右)【写真提供:ピョンタさん】

 ねこは自由気ままで、いつもマイペースというイメージがありますよね。しかし、ねこの中には驚くほど“義理堅い”子がいるようです。嵐が近付く中、1匹で土手の上をさまよっていたところを見つけてくれて、ずっと一緒に成長してきた人間の“お兄ちゃん”。そんな命の恩人のいざという時には、華麗な「団結」を見せ助けてあげる、律儀な元保護ねこが話題になっています。飼い主さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

台風の日に息子さんが土手で発見

 このほど話題となっているのは、9歳の男の子「ピョンタ」くん。実は、お風呂好きにちなんで「ピョンタ・フロスキー」という本名があるのだとか。モフモフの被毛から見た目は大きく見えますが、現在の体重は6キロちょっと。飼い主さんは、「実は見た目ほど重くありません」と言います。

 そんなピョンタくんと飼い主さんとの出会いは、2011年9月1日。台風の日だったそうです。その日、飼い主さんが息子さんと一緒に土手を歩いていていたところ、息子さんから「ママー! ねこちゃん!」と声が。

 振り向くと、息子さんの足下に小さな子ねこがいました。子ねこは雨に濡れビショビショの状態。近くに親ねこがいる様子はなく、風雨が本格的に強くなる予報だったため、放っておくこともできずに保護。そのまま家に連れ帰りました。

 こうして家族になったピョンタくん。一緒に暮らし始めると、実はかなりのお利口さんなことが分かったそうです。爪とぎは決まった場所でしかせず、ドアを開けるのもお手のもの。

 また、食事の時もお行儀が良く、自分の椅子に座ってフードを食べ、人間が食事をしている最中もテーブルに乗ったりすることはありません。たとえテーブルの上にお刺身が置いてあったとしても、飼い主さんが取り分けてくれるまで待っているそうです。「言葉を理解しているようなところがあります」と飼い主さんは言います。