海外ニュース

メーガン妃のファーストネーム削除に専門家も困惑 夫妻側は「宮殿の決定」と主張

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 ヘンリー王子とメーガン妃が、長男アーチーくんの出生証明書に記載した自分たちの名前を変更していたことが明らかになった。だが、記事を受けて夫妻のスポークスマンは「宮殿側の決定」とするコメントを発表。一方でメディアは情報筋の話として、変更したのは「ケンジントン宮殿で夫妻がかまえていたオフィスのスタッフ」と報じた。また、王室専門家たちは「前例がない」として、メディアに対して困惑のコメントを述べている。

 ◇ ◇ ◇

前例のない行為に王室専門家も困惑

 英大衆紙「ザ・サン」が現地時間30日夜に掲載した記事によると、ヘンリー王子とメーガン妃は2019年5月6日に誕生したアーチーくんの出生証明書を5月17日に提出。ところが、同年6月5日に自分たちの名前を変更していた。

 同紙が入手した書類のコピーを見ると、ヘンリー王子は当初「His Royal Highness Henry Charles Albert David Duke of Sussex」と記載している。しかし、それを「His Royal Highness Prince Henry Charles Albert David Duke of Sussex」に変更。Henryの前に“Prince”を加えている。

 メーガン妃は「Rachel Meghan Her Royal Highness The Duchess of Sussex」と記載したものを「Her Royal Highness The Duchess of Sussex」に変更。ファーストネームの“Rachel Meghan”を削除している。

 注目を集めたのはファーストネームを削除したメーガン妃だ。王室専門雑誌「マジェスティ」の編集長イングリッド・シュワード氏は「王族が出生証明書を変更したというのは聞いたことがありません。しかも名前を消してしまうとは。興味深い変更です」と述べている。また「レディ」の称号を持つ王室作家のコリン・キャンベル氏も「非常に変わった行為。その行為にどんな意図があったのか、さまざまな疑問が発生します」と困惑を隠さなかった。

報道後に素早く動いたのは非公式伝記本の執筆者

 この記事や他メディアの後追い記事が公開された後、夫妻の非公式伝記本を共同執筆したオミッド・スコビー氏が動く。同氏はメーガン妃のスポークスマンによるコメントとして、「変更は宮殿(The palace)の決定でありメーガン妃の要求ではない」とする文章の画像をツイートした。

 しかし、話はこれで収まらない。「サン」紙などは、王室情報筋が「バッキンガム宮殿は関与しておらず、ケンジントン宮殿のスタッフによって変更された」と述べたとする記事を公開。夫妻の称号と名前が他の私的文章と一致するよう「夫妻が王室メンバーだった頃にかまえていたオフィスによって変更された」という。

 当初の報道では、ダイアナ元妃が「Her Royal Highness the Princess of Wales」を使用していたことから、これに倣ったという推測もあった。数日で話が複雑化しているが、真実がいつか明かされる日は来るのだろうか。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)