海外ニュース

ヘンリー王子のドラマチックなビデオメッセージ 撮影場所は豪邸のキッチンと英誌指摘

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ヘンリー王子【写真:AP】
ヘンリー王子【写真:AP】

 ヘンリー王子が創設した傷病兵の国際スポーツ大会「インビクタス・ゲーム」。コロナ禍により、2020年に予定されていた第5回大会は翌年に延期されていたが、この度2022年への再延期が決定した。これを受けて王子はビデオメッセージを発表。開催に向けた熱意などを語ったが、英メディアは撮影場所が自宅のキッチンではないかと指摘した。メーガン妃と長男アーチーくんの一家3人で暮らす米サンタバーバラの豪邸は、これまでもビデオ通話などで“チラ見え”したことが話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

ヘンリー王子の背後に木製の食器棚が?

 2014年からこれまで4回開催されている「インビクタス・ゲーム」。2020年の開催地はオランダのハーグに決定していたが、コロナ禍により2021年への延期が発表された。だがこのほど、2022年春への再延期が決定。ヘンリー王子は複数の選手たちとビデオメッセージに登場し、開催への熱意などを伝えた。

 ビデオの構成は、選手たちがそれぞれの場所からリレーのように言葉をつなげるドラマチックなもの。試合の様子も挿入される中、「我々はインビクタス(負けざる者)だ」「世界が準備できた時には」といった真摯な言葉からは、大会の意義や選手たちの心情、傷病兵に対する敬意もストレートに伝わる。王子もここで、選手たちに紛れる形で言葉をつないだ。

 このビデオについて、英雑誌「ハロー」は王子の登場シーンで背景に注目。「室内はクリーム色で、木製の食器棚と真ちゅう製のノブが取り付けられていることを確認した」として、撮影場所は米サンタバーバラにかまえた豪邸のキッチンだと伝えた。

 実際の映像を見ると、王子はアップに近い構図で登場。王子の低い声や真剣な表情に気を取られると、背景まではとても目が行き届かない。だが、背後をよく見れば確かに、キッチンによくあるような両開きの木製ドアが。これまで“チラ見え”したリビングと比べて地味な場所であることも分かり、「キッチンだ」との指摘に納得はできるだろう。

 また、ビデオの趣旨からすると、あまり豪華な背景は好ましくないかもしれない。なぜなら王子は、自身の軍歴はもちろんこの「インビクタス・ゲーム」を非常に大切なイベントだと考えているようだ。英大衆紙「デイリー・メール」の日曜版「メール・オン・サンデー」による2020年10月25日付け記事をめぐる訴訟では、同紙の運営企業「アソシエーティド・ニューズペーパーズ(ANL)」が支払う賠償金は「インビクタス・ゲーム」に全額寄付されると報じられた。

 ちなみにこの訴訟は、「王子が“王室引退”後に英国軍側とコンタクトを取らず、リチャード・ダナット元陸軍参謀総長の手紙にも返信していない」とする内容を「虚偽」などとするもの。ANLはメーガン妃のプライバシー裁判でも訴えを起こされた側だが、この件に関しては早々に誤りを認め、同年12月27日には訂正文を公開していた。そして、2021年1月末に始まった予備審理でも王子に謝罪。王子がこれを受け入れたことで和解が成立した。

(Hint-Pot編集部)