海外ニュース

メーガン妃の妊娠発表写真はiPadでリモート撮影 写真家と夫妻は「ソウルメイト」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真:AP】
メーガン妃とヘンリー王子【写真:AP】

 ヘンリー王子とメーガン妃夫妻は現地時間14日、広報担当者を通じて妃の第2子妊娠を発表した。妃の膨らんだ腹部がはっきりと確認できるツーショットのポートレートも同時に公開されたが、その撮影方法などが話題になっている。撮影を担当した写真家は、夫妻を「究極のソウルメイト」と語るほど親密な間柄だそうだ。

 ◇ ◇ ◇

今回のポートレート撮影依頼を「真の友情の証」と表現

 妊娠発表にあたり公開されたポートレートは、モノクロの叙情的な1枚。木の下に裸足で座った王子と仰向けに横たわり王子の脚に頭を乗せた妃が、温かな笑顔で互いを見つめ合っている。夫妻の幸福感をドラマチックに演出する、まるで映画のような情景だ。

 米雑誌「ピープル」などによると、このポートレートは英ロンドンからiPadを使いリモートで撮影されたという。撮影を担当した写真家は英国人のミサン・ハリマン氏。黒人男性としてファッション誌「ヴォーグ」英国版のカバーを初めて撮影した他、数々の有名誌で活躍する人物だ。ナイジェリアでビジネスマンと政治家を務めるホープ・ハリマン氏の息子として生まれ、ヘンリー王子夫妻の非公式伝記「自由を求めて」(扶桑社刊)にも登場している。

 ミサン氏は夫妻の第2子妊娠発表に際し、自身のTwitterアカウント(@misanharriman)でポートレート撮影についてツイート。「メグ(メーガン妃)、あなたの結婚式でこのラブストーリーが始まるのを目撃しました。そして、友人としてそれが育っていく様子が撮影できたことを光栄に思っています」と、撮影に携わることができた喜びを綴った。

 また、「ピープル」誌は同氏が「ヴォーグ」英国版に語ったコメントを紹介。夫妻は自身にとって「究極のソウルメイト」であり、今回の撮影依頼を「真の友情の証」と表現したと伝えている。

 同氏はこれまで、トム・クルーズやジュリア・ロバーツ、リアーナなど数々のセレブを撮影してきた。そこで「ソウルメイト」と慕う夫妻の幸せを捉えた今回のポートレートは、特に思い入れのある作品となったことだろう。

(Hint-Pot編集部)