海外ニュース

メーガン妃が米芸能界大物のインタビュー番組に出演へ 英国王室は事前に知らず?

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 現地時間14日に第2子妊娠を発表したヘンリー王子とメーガン妃。その翌日には何と、米テレビ番組へのインタビュー出演が明らかになった。語られる内容に関心が集まる中、英国王室は「どのメディアと関わろうが彼らの自由」とする声明を発表。また、この番組でインタビュアーを務める米俳優・有名司会者のオプラ・ウィンフリーは昨年12月、妃の投資先企業が扱う商品を紹介するSNS投稿で“王冠の絵文字”を使い物議を醸した。

 ◇ ◇ ◇

世間からのプレッシャーにどう対応しているかなどを語るという

 メーガン妃の第2子妊娠報道が世界を席巻する中、またしても驚きの展開だ。米民放CBSは現地時間15日、メーガン妃が3月7日放送予定の「90-minute primetime special」に出演することを発表。米俳優・有名司会者のオプラ・ウィンフリーと「親密な会話をする」ことを明らかにした。

 CBSの公式発表によると「英国王室に入ったことや結婚、母になったこと、慈善活動、世間からの激しいプレッシャーにどう対応しているかなど、すべてをカバーした多岐にわたるインタビュー」とのこと。また、番組途中からはヘンリー王子も加わり、米国移住や家族が増える中での将来の夢や希望について話すという。

 これまでの報道によると、オプラ・ウィンフリーは夫妻の“隣人”。昨年12月には、妃の投資先企業が扱う商品をSNSで紹介した際に“王冠の絵文字”を使ったことでも話題を呼んだ。2人の親密さがうかがえるエピソードだが、英国王室は“王冠の絵文字”に懸念を示したとも報じられている。

 一方で英大衆紙「デイリー・エクスプレス」など複数メディアによると、今回の出演発表を受けてバッキンガム宮殿は声明を発表。夫妻はすでに王室の中心メンバーではないため「どのようなメディアに関わるかを決めるのは、彼ら自身の問題です」と述べた。

 さらに、中心メンバーではないことから「そのようなプランを王室に知らせる義務はありません」ともしている。声明のこうしたニュアンスから、同紙は「エリザベス女王が事前に知らされていなかったことを示唆している」と指摘した。

 第2子妊娠発表の際にはいち早く祝いの声明を発表した英国王室。妊娠は事前に報告されていたと考えられるが、番組出演の件は本当に知らなかったのか。それとも、知ってはいたがインタビューで語られる内容には関知しない、という事前の宣言なのか。インタビューで語られる内容と併せて気になるところだ。

(Hint-Pot編集部)