海外ニュース

ヘンリー王子に「外反母趾の症状」 妊娠発表ポートレートで専門医が驚きの見解

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ヘンリー王子【写真:AP】
ヘンリー王子【写真:AP】

 ヘンリー王子とメーガン妃夫妻は第2子妊娠発表にあたり、有名写真家ミサン・ハリマン氏が撮影した最新ポートレートを公開。喜びに満ちた夫妻の姿が話題を呼ぶ一方、写っていた王子の裸足に一部のファンはSNSで否定的なコメントを寄せた。また、英大衆紙が医師にコメントを求めたところ、王子の足には外反母趾の症状が見受けられるという。

 ◇ ◇ ◇

専門医は軍所属時のトレーニングが原因だと推測

 米カリフォルニアの自然に包まれる中、木の下に座ったヘンリー王子と王子の膝に仰向けて頭をのせているメーガン妃。見つめ合う2人を収めた最新ポートレートからは、幸福感が強く伝わる。また、写真家のミサン・ハリマン氏がiPadを使って英ロンドンからリモート撮影したという舞台裏も話題を呼んだ。

 だが、英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、一部のファンは王子の足に注目。ポートレートでの王子は左足を前方に投げ出しているため、足の裏がはっきりと見えている。このためSNSでは「ヘンリー王子とメーガン妃、おめでとうございます……でも王子の裸足は、必要?」「OK、私がはっきり言うわ。ヘンリー王子の裸足はもう二度と見たくない」といった発言があったという。

 さらに同紙は、フットクリニック「DG Podiatrist」の専門医ディナ・ゴーヒル氏にコメントを求めた。ポートレートで王子の左足をよく見ると、指の形がやや不自然に見える。しかしこれは同氏によると、地面に足を置いた角度の問題であり、「彼(ヘンリー王子)の足は健康的で、アーチの状態も良さそうに見える」とのこと。

 それよりも同氏は「軽度のバニオン」がある可能性を指摘。バニオンとは親指の付け根にできる赤い腫れのことで、外反母趾の症状として知られている。外反母趾の主な原因は一般的に、ハイヒールなどつま先が狭い靴や足に合わない靴だ。だが、カリフォルニアでの王子はラフな服装がほとんどで、原因となるような靴を合わせているとは思えない。では、一体何が原因なのだろうか。

 そこで同氏は、軍に所属していた時のトレーニングではないかと推測。「体に強い衝撃を与えるトレーニングや動きを行っていたことが、この症状の原因になった可能性が高い」との見解を示した。

 王子の鍛え上げられた体からすると、トレーニングに打ち込んでいた姿は容易に想像できるだろう。王子が何よりも誇りにしているという軍隊経験。その輝かしい過去は、体の思わぬ部分にも刻まれているようだ。

(Hint-Pot編集部)