恋愛・夫婦

2020年に離婚した1061人 理由1位は性格の不一致 「いつも自分優先」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

「コロナ離婚」という言葉が広がった2020年。離婚の実態とは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
「コロナ離婚」という言葉が広がった2020年。離婚の実態とは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 2020年、「コロナ離婚」という言葉が広がりました。在宅時間が増えたり予防対策への意識にずれが生じたりと、夫婦間でいさかいの原因が増えたとする流れによるものです。しかし、厚生労働省の「人口動態統計速報(令和2年11月分)」によると、2020年の離婚件数は2019年よりも減少しています。そこで大手の婚活サービス提供企業は、2020年に離婚した男女1061人を対象にその実態を調査しました。

 ◇ ◇ ◇

性格の不一致に浮気、DV…離婚理由ランキング

 エン婚活エージェント株式会社は2021年2月、「2020年の離婚」に関するインターネット調査を実施しました。回答者は2020年に離婚した20~40代の男性564人、女性497人の計1061人です。

 まずは、離婚に至るまでの期間から。「結婚してから何年で離婚に至りましたか?」との設問では、1位が「3年~4年未満」(16.0%)となりました。次いで「2年~3年未満」(14.4%)、「1年~2年未満」(13.8%)、「10年以上」(13.7%)と続いています。

 離婚を考えた際の懸念事項といえば、やはり子どもの存在。4年未満で離婚している人が上位を占めている状況からすると、子どもがいないうちに見切りをつけた人が多いのかも? 一方で「10年以上」という回答も見逃せません。夫婦としての認知が周囲に浸透しているほど、離婚には体力を使いそうですよね。

 そこで気になるのは離婚の理由。ランキングで見てみましょう。

【離婚に至った理由ランキング】
1位「性格が合わない」(55.6%)
2位「異性関係」(17.0%)
3位「DV・モラハラ」(16.2%)
4位「金銭トラブル」(14.0%)
5位「性的不調和」「家事や子育てに非協力的」(ともに13.5%)
7位「親族との不仲」(10.1%)
8位「飲酒トラブル」(9.9%)

 1位の「性格が合わない」は何と過半数が回答。一緒に過ごす時間が増えれば増えるほど、相手の性格は気になりますよね。「なぜそんなことするの」「なぜそういう言い方するの」などの細かい不満は結局、性格の違いに集約されることも多いでしょう。自由回答としては、以下が寄せられていました。

【離婚に至った具体的な理由】
「子供をかわいがらない。いつも自分優先」(20代・女性・埼玉県)
「コミュニケーション不足による性格不一致。基本的価値観を共有できなかったこと」(30代・男性・沖縄県)
「コロナで収入が減り暴力を振るうようになった」(30代・女性・熊本県)
「一緒にいる時間が長くなって考え方のずれをより感じたから」(40代・女性・千葉県)
「性格の不一致と相手側の不貞行為」(40代・男性・兵庫県)

 やはりコロナ禍の影響も見受けられるようです。ちなみに、Hint-Pot編集部が以前お話を伺った浮気調査のプロによると、「コロナ禍でも浮気をする人はする」のだそう。一緒にいる時間が増えたせいで、配偶者の怪しい気配に気付きやすくなっている状況も考えられますね。