海外ニュース

メーガン妃父「私が死んでも2人は気にしない」、チャールズ皇太子は失望 父たちの反応

著者:森 昌利

タグ: , , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 大波紋を呼んだヘンリー王子とメーガン妃のロングインタビュー。米国のセレブリティから英政界、一般アンケートまで、さまざまな反応が報じられている。そんな中、メーガン妃の実父トーマス・マークルさんがテレビ出演し、その胸中を語った。またチャールズ皇太子の様子についても王室筋の証言によって明かされている。2人の父親は、今回のインタビューにどんな思いを抱いたのだろうか。

 ◇ ◇ ◇

メーガン妃の父は何百回も謝罪したと告白 一方でヘンリー王子の過去の行いにチクリ

 絶縁状態が続いているとされるメーガン妃の父、トーマス・マークルさんが英民放ITVで人気の朝の情報番組「グッド・モーニング・ブリテン」に出演。反メーガン派の急先鋒で知られるピアーズ・モーガン氏が司会を務める番組(現在は降板)だ。

 トーマスさんはそこで、2018年5月に心臓発作で緊急入院した際、ベッドに横たわりながら最後に妃と電話で会話した時の様子を改めて語ったという。

 英大衆紙「ザ・サン」が掲載した記事によると、トーマスさんはステント治療を行い何度も入院をしたが、ヘンリー王子夫妻から手を差し伸べられることはなかったと明かし、「2人は私が死んでも気にしない」と話した。そして、父親との関係を完全に断ち切り、孫のアーチーくんとも会わせない妃を強烈な言葉で非難している。

 トーマスさんは妃の結婚前に、パパラッチに写真を撮らせたことで親子関係を断絶。妃はこの時のトーマスさんの行いについて、先日のインタビューの中で「一言で言うと裏切り」と短く語っている。

 トーマスさんは「この件に関しては何百回も謝った」と発言。妃からの連絡が途絶えた結婚式後、ヘンリー王子から電話が来たことも明かしている。しかし、「私たちの言うことを聞いていればこうしたことにならなかった」と言われ、その時の王子の口調が“傲慢”に感じ、自分から電話を切ったという。

 そんな王子の口調が忘れられないのか、トーマスさんは「確かに私は間違いを犯した。しかし人は間違いを犯すもの。こんな私だが、全裸のプールパーティーに参加したり、ヒトラーの格好をして悪ふざけをしたりしたことはない」と語り、過去に英メディアで糾弾された王子の愚行を痛烈に皮肉った。