料理・グルメ

低糖質のカリフラワーをステーキで! おいしさ丸ごとヘルシーレシピ

著者:和栗 恵

タグ: ,

ホクホク、カリカリとした食感が美味! ケッパーソースがポイントの「カリフラワーステーキ」【写真:和栗恵】
ホクホク、カリカリとした食感が美味! ケッパーソースがポイントの「カリフラワーステーキ」【写真:和栗恵】

 ブロッコリーや白菜、キャベツとともにアブラナの仲間であるカリフラワー。和名では「花椰菜(はなやさい)」と呼ばれ、白くて見た目もかわいらしい野菜です。近年では、お米の代わりになる「カリフラワーライス」が人気を博すなど、注目度が急上昇しています。一年を通して見かけますが、おいしいと言われるのは11~3月。そこでカリフラワーのおいしさを丸ごと味わえる「カリフラワーのステーキ」をご紹介しましょう。肉や牛乳をまったく使わないのにボリューム満点。お祝い事の多い春、華やかなパーティーの場でも様になる一品です。

 ◇ ◇ ◇

ひと手間がおいしさを呼ぶ! カリフラワーの新しい魅力

 日本では小房に分けて食べることが多いカリフラワーですが、大胆にカットしてからいただくと、ホクホクカリカリとした食感の違いが生まれ、とてもおいしいですよ。また、甘酸っぱいケッパーと淡泊なカリフラワーは相性抜群。カリカリとした食感のクルミがアクセントになり、野菜だけなのに満足感を得ることができます。カリフラワーのペーストの残りは、パンに付けて食べてもおいしいのでお試しあれ。

○カリフラワーのステーキ

【材料】(2人前/ソース・ペーストは作りやすい分量)
カリフラワー 1個

*ソース
ケッパー    大さじ2
生唐辛子    1~2本(乾燥唐辛子をぬるま湯で戻してもOK)
クルミ     大さじ2(ローストして荒く刻んだもの)
オリーブオイル 50ml
黒コショウ   少々
バルサミコ酢  大さじ1
パセリ     大さじ1(みじん切り)
レモン汁    小さじ1
塩       小さじ1/2

*ペースト
おろしニンニク(チューブ) 3cm程度
ゴマペースト(タヒニ)   大さじ1
レモン汁          大さじ1
オリーブオイル       大さじ1
オレガノ          少々

中心部分から4cm幅ほどの塊を2つ切り取り、その他の部分は小房に【写真:和栗恵】
中心部分から4cm幅ほどの塊を2つ切り取り、その他の部分は小房に【写真:和栗恵】

1、カリフラワーは余分な葉っぱと茎の硬い部分を取り、縦半分に切る。それぞれ3.5~4cmほどの幅で縦に包丁を入れて大きな塊を2つ切り取る。残った部分は小房に分ける
2、【ソースを作る】小さなフライパンにオリーブオイル、ケッパー、生唐辛子、クルミを入れて弱火にかけ、香りが立つまで加熱する
3、2を火から下ろし、塩と黒コショウを加えてひと混ぜ。器に取り粗熱を取る。そこにバルサミコ酢、レモン汁、パセリのみじん切りを加えてよく混ぜ合わせる。これでソースは完成
4、【ペーストを作る】1で小房に分けたカリフラワーを耐熱皿に並べ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で4分30秒加熱する
5、フードプロセッサーに、4のカリフラワー、おろしニンニク、ゴマペースト、レモン汁、オリーブオイル、オレガノを加え、なめらかになるまでかくはんする。これでペーストは完成
6、1でカットしたカリフラワーの中央部分をフライパンに並べ、オリーブオイル(分量外)を少量かけ回し、軽く焦げ目が付くまで中火で焼く
7、天板にクッキングシートを敷き、6のカリフラワーを並べ、220度のオーブン(予熱なし)で25分~30分かけて中心に火が通るまで焼き上げる
8、皿の中心に5のペーストを丸く広げる。カリフラワーステーキをその上に盛り付けて、ソースをかけて完成

 
 オーブンがない場合は、フライパンにカリフラワーを並べ、大さじ2杯程度の水を入れてフタをし、弱火で加熱して中まで火を通します。芯まで火が通ったらフタを取ってオリーブオイル(分量外)をかけ回し、中火で外側にカリッとした焦げ目が付くまで焼いてください。なお、カリフラワーを薄く切ってしまうと、小房がボロボロ取れてしまうのでご注意を。

(和栗 恵)