海外ニュース

キャサリン妃の親切に感動の声 「PRでなくいつも国民のために何かしている」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:AP】
ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:AP】

 ウイリアム王子夫妻は先日、英ロンドン東部ニューハム地区にある緊急医療ステーションを公務で訪問。直後の報道ではキャサリン妃がキャメルのロングコートを着回ししたワントーンコーデに注目が集まった一方、現在になってカメラに収められていた妃の小さな親切が明らかになり、話題を呼んでいる。

 ◇ ◇ ◇

傘を差さずに話す医療スタッフへの気遣い ウイリアム王子の言葉も素敵

 現地時間3月18日朝、緊急医療ステーションを訪問したウイリアム王子夫妻。新型コロナウイルス流行中、医療従事者のメンタルヘルスのためにどのような対応が行われているのか、スタッフたちから話を聞いた。だがこの日は天候が悪く、夫妻が野外でスタッフたちと話している際に突然雨が降り出してしまう。

 夫妻はその時、王子が持つ1つの傘に2人で収まったが、目の前にいる男女のスタッフは傘を差さずに話を続けた。男性は折りたたみ傘を持っているようだったが手に持ったままで、女性は何も持っていない状態だ。

 すると、そのことに気付いた夫妻は驚くべき行動に。王子はスタッフに気遣う言葉をかけ、妃はすぐさま女性に渡す傘を探し始めた。

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によるとその時、王子は「あなたが傘を持ってないことを申し訳なく思います。傘をお渡ししましょうか?」と女性スタッフに申し出たという。そして、妃も「予備はありせんか? スペアの傘がありますね」と警護官に傘がないかを確認した。

 女性スタッフは「大丈夫です」と固辞したが、妃は王子の持つ傘から出て、警護官に対し女性に傘を渡すようお願いしている。その後、男性は手に持っていた傘を差し、女性も警護官から手渡された傘を差して話を続けた。

 夫妻の心温まる親切な行動に対しSNSでは、「彼女はPRのためではなく、この国の人々のために何かをしているからです」「いつも他の人のことを考えている 」「いつも親切ですが、派手ではありません 」など、多くの称賛の声が寄せられている。

 ヘンリー王子とメーガン妃の暴露インタビューの影響が尾を引き、修羅場のような状況が続いている英国王室。しかし、未来の国王夫妻であるウイリアム王子とキャサリン妃は、優しさを忘れることなく、王室メンバーとしての義務を果たし続けている。

(Hint-Pot編集部)