健康・美

美容室での失敗 切なくも笑えるエッセイ漫画が反響「夢オチを願った」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

漫画のワンシーン【画像提供:カマタミワ(kamata_miwa)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:カマタミワ(kamata_miwa)さん】

 美容室に行ったところ、頭の中で思い描いていた髪型とはまるで違う仕上がりにされてしまった、という経験がある人は多いのではないでしょうか。ヘアサロンの激戦区・表参道にある美容室に期待いっぱいで行ったところ、衝撃的な体験をしたという女性のエッセイ漫画に共感の声が多数寄せられています。作者でイラストレーターのカマタミワ(kamata_miwa)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

ホスト風のスタッフから仰天対応を受けた実話

 カマタさんが普段綴っているのは、一人暮らしの日常や個性的な人々との出会いを描いた漫画です。ブログ「一人暮らしカマタミワの半径3メートルのカオス」も大人気。漫画日記をまとめた書籍は、最新著書である「ひとりぐらしこそ我が人生」を含め、これまでに5冊、刊行されています。

 そんなカマタさんが最近インスタグラムに投稿し、特に女性フォロワーから注目を集めた漫画が「初めて行った美容院が“異次元”だった話」です。初めての美容院へ行く時の期待や不安。そのドキドキは誰しもきっと分かるはず!

 ある日、カマタさんがクーポン雑誌で見つけたのは、表参道の美容院。「表参道だしきっとシャレオツ」なんて、ウキウキで向かったのですが……。そのお店の雰囲気はカマタさんの想像とはまったく別物。スタッフ全員がホスト風の見た目、そしてお客さんの年齢層も高く、男性客がズラリと並んでいたそうです。

 その後、髪をカットしてもらいますが、あまりにも衝撃的なスタッフの対応に思わず心の中でツッコミが止まらないカマタさん。まさかのラストに「美容室って見つけるまでが大変」「私も意図せずオン眉の前髪にされた切ない思い出が」など、コメント欄は共感の嵐となりました。さらに、美容師さんの残念すぎる腕前に「読みながら、夢オチだよねって願ってました」などという声も上がっています。

「おしゃれタウンはやめて、今は地元の美容院へ」

 作者のカマタミワさんに、“異次元”美容院での残念(!?)すぎる体験について、詳しくお話を伺いました!

Q.美容室の客層はおじさまが多かったとか。皆さんの仕上がりはいかがでしたか?
「私以外は満足しているように見えました……(笑)。ホストっぽく仕上げられたりはしておらず、短髪の方が多いので私のように極端に切られたりもしていない様子でした」

Q.思っていた仕上がりと違うことは、美容師さんに伝えましたか?
「もう切ってしまったものを戻すことはできないので、諦めてしまいました……。早く帰りたい気持ちでした……(汗)」

Q.カマタさんの新しいヘアスタイルを見た、周りの方の反応は?
「フォローかもしれませんが、『若く見える』と言われました。あと、なぜかその時期は今まで以上に知らない人に話しかけられるようになりました。外国人の方とか」

Q.現在、カマタさんはどんな美容室に通っていますか?
「わざわざ表参道などのおしゃれタウンには行かなくなり、近所の小さな美容院に行くようになりました」

Q.大きな反響となりましたが、心に残ったフォロワーさんの感想など、教えてください。
「ブログやツイッターでも、コメント欄に美容院で失敗した経験を書いてくださる方が多かったです。翌日からウィッグを着けて出社している方や、くしで唇までとかされてしまった方、せっかくの修学旅行に“オンザ眉毛”の前髪で行くことになってしまった方など、切ないエピソードが心に残りました」

(Hint-Pot編集部)