暮らし

「なんとかわいい肉球ですこと」 宮里藍さんの元保護猫に犬派ファンもほっこり

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

宮里藍さん【写真:Getty Images】
宮里藍さん【写真:Getty Images】

 今年は夏季の東京五輪、来年は冬季の北京五輪を控え、注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題から、この機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回は元ゴルフ選手の宮里藍さんが披露した愛猫写真です。

 ◇ ◇ ◇

2019年から飼っている、てんてんくんの肉球写真を公開

 ゴルフ界で一時代を築き、「藍ちゃん」の愛称で親しまれた宮里さん。2017年に引退し、プライベートでは愛猫に癒やされる日々のようです。

 21日に投稿したのは、宮里さんの愛猫てんてんくんの前脚を写した2枚の写真です。1枚目はもふもふした脚をぴたっと揃え、床につけたアップの一枚。もう一枚はピンクの肉球を写したもの。宮里さんは「どこを切り取ってもかわいくて、よくできてるなぁ猫って。と毎日思う」とデレデレの様子です。

 宮里さんが愛猫の存在を明かしたのは2019年11月のこと。インスタグラムで「今月から、新しい家族を迎え入れました! 以前保護した子猫なんですが、どうしてもこの子が忘れられず夫と話し合いを何度も重ねた結果、家族として迎え入れようと決めました」と記したのです。

 名前のてんてんの由来は「背中に2つ点のような模様があるので」と明かし、「オスのてんてん、やんちゃな日々ではありますが、すでに幸せな時間をたくさん共有しています」と当時から愛情たっぷり。以降も定期的にてんてんくんが登場し、その愛くるしさと成長ぶりにファンもほっこりしています。

 今回の投稿にも「泣けるくらいかわいい」「犬派ですが癒やされます」「このもふもふたまらなくかわいいですね~」「安らぎますね~」「なんとかわいい肉球ですこと」などの声が続々。「こんな撮り方もあるんだ!!」と猫愛あふれる“カメラマン宮里さん”への声も上がっていました。

 現在は大会アンバサダーやジュニア向け教室など多岐にわたる活動をしている宮里さん。てんてんくんの存在は最高の癒やしになっているようですね。

(Hint-Pot編集部)