海外ニュース

メーガン妃の親子写真流出タイミングに疑問の声 ファンは「できるはずない」と擁護

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 4月23日に3歳の誕生日を迎えたルイ王子。しかしタイミングを見計らったかのように、メーガン妃とアーチーくんが一緒に街角を歩く写真が流出した。この報道に対し、王室派が「ルイ王子誕生日潰しの意図がある」と批判。すると今度はメーガン妃のサポーターがSNSで次々と妃を擁護するという事態となった。

 ◇ ◇ ◇

ルイ王子の誕生日前日に流れたアーチーくんを抱っこしたパパラッチ写真が原因

 SNS上で繰り広げられた王室派vsメーガン妃派の攻防を伝えたのは、英大衆紙「デイリー・エクスプレス」。王室派がルイ王子の誕生日に合わせたかのようなパパラッチ写真流出のタイミングを非難すると、メーガン妃派は「メディアがいつ写真を公開するか、そのタイミングをサセックス公爵(ヘンリー王子)夫妻がコントロールできるはずもない」と反撃した。

 さらに、メーガン妃派は「ロイヤリスト(王室派)以外は気にしていない。メーガン(妃)とアーチー(くん)はただ道を歩いていただけ」「ロイヤリストよ、メーガンとアーチーを放っておいてくれ」「彼(ルイ王子)はまだ子どもなのだから。メーガン妃は王子の地位を奪おうとしているわけではない」などの書き込みで、ルイ王子の誕生日を台無しにしたと責めた王室派の投稿に反論した。

 また、「メーガン妃とアーチーくんには自由に街を行き来する権利がある」として、今回のパパラッチ写真騒動そのものにも抗議していた。

 確かにその通りであるが、メーガン妃はスポークスマンのような存在の友人を通して、自分に有利なコメントを頻繁にリーク。またハリウッドのPRチームを駆使してイメージ作りに余念がない。

 そんなヘンリー王子夫妻の普段の行動を見ると、一般の中には今回のパパラッチ写真露出のタイミングにも一抹の疑念を持つ人も少なからずいるのかもしれない。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)