暮らし

メドベージェワ、上品なDiorコーデで赤絨毯に登場 バッグは56万円「素晴らしい写真」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

エフゲニア・メドベージェワ選手【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ選手【写真:Getty Images】

 今年は夏季の東京五輪、来年は冬季の北京五輪を控え、注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題から、この機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回はフィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)が披露した「ディオールファッション」です。

 ◇ ◇ ◇

モスクワ国際映画祭のレッドカーペットにドレスアップして登場

 メドベージェワ選手が氷上と打って変わったスタイルを投稿したのは24日のことです。

 春らしい軽やかなコーディネートでレッドカーペット上に姿を見せた、メドベージェワ選手。仏ブランド「クリスチャン・ディオール」の洗練されたテーラードジャケットに、ドット柄の透け感が絶妙な、同ブランドのミディ丈チュールスカートを合わせた、大人かわいいスタイルを披露しました。

 またアクセサリーの中でも、特に目を引くのが右手に持ったハンドバッグ。これはディオールの新作です。同社の日本語版ウェブサイトによると、「Lady D-Lite カナージュ エンブロイダリー」(56万1000円・税込)のベージュとみられ、ラタンのような編み込み模様が施された全面刺繍キャンバスのボディがこなれ感を与えてくれます。フロントにはさりげなく「CHRISTIAN DIOR」のロゴが。ペールゴールドの「D.I.O.R」チャームも存在感を放っています。

 足元には、「DIOR & MOI スリングバックパンプス カナージュ メッシュ エンブロイダリー」のブラックをチョイス。バッグとの親和性が高く、コーディネートにまとまりを持たせました。

 メドベージェワ選手の投稿によると22日から29日まで開催された第43回モスクワ国際映画祭に招待され、ドレスアップした姿を披露した様子。ディオール好きは以前から知られており、今回も多くの海外ファンから注目が集まっています。

 コメント欄では「素晴らしい写真」「とても優雅でスタイリッシュ」「Dior Queen」「ディオールも彼女と大きな契約をしたいはず!」「完璧」「スタイルアイコン」「この映画祭で一番美しい!」「見事な美しさ」「美しい笑顔」などの声が相次いでいました。

 11万を超える“いいね”が寄せられ、人気ぶりを示したメドベージェワ選手。2016年から世界選手権を連覇し、2018年の平昌五輪で銀メダルを獲得して以降、インスタグラムではフォロワー数89万人を誇り、SNS上で大きな影響力を持つ存在となっています。

(Hint-Pot編集部)