海外ニュース

メーガン妃 絵本の前払い金は7800万円か 印税の使い道に注目集まる

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 6月8日に発売が予定されているメーガン妃の絵本「The Bench(ザ・ベンチ)」。モチーフとなったのは、アーチーくんが生まれて初めて迎えた父の日、妃がヘンリー王子のために書いた詩だという。父親と小さい息子の“理想の関係”を描いたとするこの絵本について、王室専門家が「前払い金として50万ポンド(約7800万円)が支払われたという噂がある」と発言し、話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

前払い金の行き先は? 豪邸の維持費に使用する可能性も示唆

 英大衆紙「ザ・サン」が報じたところによると、前払い金の噂に言及した人物は王室伝記作家のアンジェラ・レヴィン氏。「前払い金に関する報道はないが」と前置きしながらも「50万ポンド(約7800万円)が支払われたという噂がある」と発言した。

 また同氏は今回の出版に関してはかなり否定的。「12ポンド99ペンス(約2026円)という価格は暴利と言えないが、誰が読むのかは見当がつかない。(内容からして)小さな子どもが読むとは思えない。きっと彼女(メーガン妃)がやることに興味のある人が『今度は何をやったのかしら』と思って買うのでしょう」と語り、妃のファン以外は“読者にならない”と示唆した。

 そして前払い金に関しては「チャリティに寄付するのか、自分のために使うのか分からない」と話しながらも「警備費をはじめ、16ものバスルームがある豪邸を維持するには莫大な経費がかかる」として、今回の出版で得た収入は妃個人の懐に収まるだろうと予想した。

 しかしその一方で、同書の著者名は「メーガン、サセックス公爵夫人」。昨年に“王室引退”し、今年3月の暴露インタビューでロイヤルファミリーを窮地に追いやるような発言をしたが、エリザベス女王から授かった称号はしっかり使用している。この件については、他の王室専門家らも異議を唱えている状況だ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)