暮らし

大谷翔平 母との入園式写真が「そっくり」と日米で話題 「目元と鼻、輪郭が似てる」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

大谷翔平選手。当日は母の日を意識した、ピンク色の用具を身に着け出場した【写真:Getty Images】
大谷翔平選手。当日は母の日を意識した、ピンク色の用具を身に着け出場した【写真:Getty Images】

 今年は夏季の東京五輪、来年は冬季の北京五輪を控え、注目が高まるスポーツ界。「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」では、SNSで反響を集めた話題から、この機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けします。今回は野球のメジャーリーグ・大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)の幼少期の秘蔵写真です。

 ◇ ◇ ◇

母の日に合わせ、地元放送局が試合中に大谷少年の写真を紹介

 今やメジャーリーグを代表する1人となった大谷選手の幼少期の写真が米国で話題を集めています。

 きっかけとなったのは母の日の9日(日本時間10日)、米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者が、この日の試合を中継した放送局「バリースポーツウエスト」で紹介された写真をツイートしたものです。

 入園式と書かれた看板の前に立ち、黄色の帽子に水色の制服を着た男の子。これが幼き日の大谷選手とのこと。今は193センチあるスター選手も身長は後ろに立った母の胸の下辺り。少しまぶしそうな顔をして、右手でピースを作っている姿が何ともかわいらしい一枚です。

 ハリス記者は「今日のバリースポーツウエストの中継は母親と選手の写真を映している……それが、我々をこの貴重な幼き日のショウヘイ・オオタニに導いた」と紹介し、日本からやってきた二刀流の秘蔵写真をクローズアップしました。

 米ファンからは「彼はママにそっくりだ」「何てかわいい子どもなんだ」「オーマイガー」などとコメントが付き、日本のファンからも「目元と鼻と輪郭が似てる」「この子があんなでっかい子に育っちゃうのか……」「大谷翔平選手はお母さん似」などの声が上がっていました。

 今シーズンは打者として10本のホームラン、投手としても1勝を記録し、投打の二刀流で活躍している大谷選手。この日はロサンゼルス・ドジャース戦で3打数1安打と結果を残し、母に雄姿を届けました。

(Hint-Pot編集部)