料理・グルメ

贅沢お花サンドや幻のバスクチーズケーキ…梅雨の鬱陶しさを払う おとりよせスイーツ歳時記6月

著者:中塚 真希子

タグ: , , ,

食パンは、地元・京都で愛されるベーカリー「Un Jour Momonoki」特製【写真提供:ももの樹】
食パンは、地元・京都で愛されるベーカリー「Un Jour Momonoki」特製【写真提供:ももの樹】

 2021年の梅雨入りは例年より早め。ジメジメした天気が続き徐々に気温が上がってくるこの時期は、冷たく冷やされたスイーツをひときわおいしく感じますよね。そこで今回の「おとりよせスイーツ歳時記」は、蒸し暑い初夏のティータイムを涼やかにしてくれるひんやりスイーツをご紹介。おいしさと冷たさで気分をリフレッシュしてみませんか?

 ◇ ◇ ◇

京都から届くフルーツサンド 「3種のお花サンドBOX」

 今年2月、京都にオープンしたフルーツサンド専門店「ももの樹」。フルーツサンドのために作られたしっとり食パンには、贈答品に使われるほどグレードの高いフルーツと、限界まで軽さを追求したクリームがたっぷり挟まれています。甘酸っぱいフルーツと口溶けの良いクリームのさわやかコンビは、初夏のおやつにぴったりですね。

 さらにビジュアルも抜群。インスタグラムで投稿している人が特に多いのは、イチゴやキウイなど人気のフルーツでお花を描いた「お花サンド」です。味わってうれしいのはもちろん、見ているだけでも食卓が幸せな空気で満たされること請け合いです。

「3種のお花サンドBOX」
価格:2570円(税込)
消費期限:到着日
販売期間:通年
購入:「ももの樹オンラインストア」(https://fruitssand.thebase.in

瀬戸内海の古民家カフェで手作り 「バスクチーズケーキ」

一口食べて「こんなチーズケーキは初めて!」と驚く人も多いそう。ケーキの直径は15センチ【写真提供:むすび】
一口食べて「こんなチーズケーキは初めて!」と驚く人も多いそう。ケーキの直径は15センチ【写真提供:むすび】

 瀬戸内海に面した古民家カフェ&宿「むすび」。そこで作られているバスクチーズケーキが、「おいしすぎる」「美しすぎる!」とSNSで話題です。高温で焼かれたケーキの表面は、バスクチーズケーキの特徴である真っ黒な焼き色。そこにナイフを入れると、中からトロリとしたチーズが姿を現します。カラメルのような香ばしい香りと、コクがあるのにさっぱりと酸味を感じさせるチーズクリームの相性は抜群!

 このケーキ、テレビをはじめさまざまなメディアで取り上げられており、有名人にもファンが多いそう。毎週金曜日(19時~)と土曜日(10時~)に予約を受け付けても、10分以内に完売することが多いとのことです。一部では“幻のバスクチーズケーキ”と呼ばれているトロトロひんやりの極上デザート、ぜひ体験してみて。

「バスクチーズケーキ」
価格:3840円(税込)
賞味期限:発送日より4日
販売期間:通年
購入:「むすびスイーツオンラインショップ」(https://musubi-sweets.com