海外ニュース

キャサリン妃 闘病中の5歳少女とピンクドレスで“再会” 昨秋の約束を果たす

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:AP】
キャサリン妃【写真:AP】

 昨秋のビデオ通話で、白血病を患い闘病中の少女と“ある約束”を交わしていたキャサリン妃。先日まで夫ウイリアム王子と訪問していたスコットランドで、その約束は無事に果たされたようだ。2人が対面する感動的なシーンが大きな話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

「ピンクが大好き」と語った少女と交わした約束

 昨秋にキャサリン妃とビデオ通話を交わしたのは、白血病で闘病中のミラ・スネドンちゃん。ミラちゃんは妃とナショナル・ポートレート・ギャラリーが提携したオンライン写真展「ホールド・スティル(Hold Still)」で、選出作品に写っていた少女だ。治療中のミラちゃんが、父親へ窓越しにキスを送っている感動的な一枚だった。

 5月初旬に選出作品100点の写真集が出版された際、ビデオ通話の様子も公開。一部メディアはここで2人が交わした“ある約束”に注目していた。その約束とは「ピンクが大好き」と語るミラちゃんと直接会える機会があれば、妃がピンクのドレスを着るという内容。ただし、当時の報道は実際の対面予定に触れていなかった。

 そしてついに、約束を果たす日が訪れた。実はミラちゃん、スコットランドのフォルカーク在住。そこで妃は、夫ウイリアム王子と出向いていたスコットランドツアー中、ミラちゃん一家をお茶に招待した。場所は夫妻の滞在先であるエディンバラのホリールード宮殿だ。

ミラちゃんは淡いピンクのドレス&シューズに王冠でおしゃれ

 お招きに応じたミラちゃんは、淡いピンクのドレスとシューズにミニサイズの王冠を合わせた姿。この様子を報じた英大衆紙「デイリー・メール」は「完璧なリトルプリンセス」と表現した。実際の写真を見ると、確かに納得。コーディネートはもちろん、落ち着いた様子やカメラ目線の輝くスマイルもかなり様になっている。

 しかし、そんなミラちゃんも妃の姿にはうっとりしたよう。妃のセレクトは、艶やかなバブルガムピンクのシャツドレス。フロントのプリーツで全体のシルエットをふんわりと膨らませ、同素材のリボンベルトでウエストを絞るデザインだ。だが、この日の妃はピンクの細ベルトをセレクトしていた。

 同紙によると、このドレスは「ME+EM」のアイテム。「Hint-Pot」編集部が公式サイトで確認したところ、日本円表示の価格は9万9800円だった。ピンクとブラックの2色がラインナップされていたが、ピンクは残念ながら全サイズの在庫がないようだ。

 こうして感動の対面を果たした2人。笑顔で歩み寄った妃に対し、ミラちゃんはにかみながらもくるりとターンを決めて自身のドレスを披露した。さらに妃は、選出作品に写っていた父スコットさんと作品を撮影した母リンダさん、そしてミラちゃんの姉ジョディさんと会話。パンデミック中の白血病治療などについて話を聞いた。

(Hint-Pot編集部)