海外ニュース

45万円のウェディングドレスはすでに完売 ジョンソン英首相3度目の結婚は“秘密の挙式”

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

ボリス・ジョンソン首相【写真:Getty Images】
ボリス・ジョンソン首相【写真:Getty Images】

 英ロンドンのウェストミンスター大聖堂で現地時間5月29日、ボリス・ジョンソン英首相とキャリー・シモンズさんの結婚式が執り行われた。招待者は30人にも満たない、ささやかな“シークレットウェディング”だったという。英メディアはこれを一斉に報じ、キャリーさんが披露した純白のウェディングドレスも大きな話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

首相官邸の関係者すら結婚式について知らされていなかったという

 国内外のメディアが一斉に報じたボリス・ジョンソン首相の結婚式。首相官邸は挙式直後の29日午後、挙式の件を発表した。英首相が在任中に結婚したのは1822年以来、実に約200年ぶりだという。

 報道によると、式は新型コロナウイルス感染症のガイドラインに従い招待者が30人にも満たない小規模なもの。しかも英大衆紙「デイリー・メール」の日曜版「メール・オン・サンデー」は、2人が「セーブザデート・カード」(結婚式の案内状)で「2022年7月30日土曜日を空けておくように」と招待者に伝えた6日後のことだったと報じている。

 よって、式は秘密裏に準備が進められた“シークレットウェディング”。英大衆紙「ザ・サン」も、首相官邸のシニアアドバイザーですら予定を知らされていなかったと伝えている。

 また、同紙はキャリーさんのドレスにも注目。ボビンレースの刺繍と連なった小さなチュールが特徴的なドレスは、ギリシャ人デザイナーのクリストス・コスタレロス氏によるもので、価格は2870ポンド(約45万円)。式の翌日となる5月30日の時点で、主要なファッション系ECサイトではすでに完売しているそうだ。

 在任中の英首相としては約200年ぶり、ジョンソン首相にとっては3度目の結婚式。2人は以前から、20歳以上の年齢差や2020年の婚約・妊娠同時発表などで話題を呼んでいた。しかも4月末には、2人が暮らす首相官邸の改装費用をめぐり、「不透明」とする事実を元上級顧問が“暴露”。注目のカップルだっただけに、影響力もやはり大きかったようだ。

(Hint-Pot編集部)