海外ニュース

メーガン妃父 孫娘誕生は「ラジオで聞いただけ」 放送予定インタビューで新暴露も?

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 オプラ・ウィンフリーとの共演第2弾となったドキュメンタリーシリーズで、父チャールズ皇太子を公然と批判したヘンリー王子。一方、妻のメーガン妃はロイヤルウェディング直前、父トーマス・マークルさんがパパラッチと協力した“ヤラセ写真”を原因に絶縁した。ヘンリー王子夫妻と父親2人との関係は極めて微妙だが、ここでまたトーマスさんが“娘のひどい仕打ち”を明かして話題になっている。

 ◇ ◇ ◇

切ない胸の内を吐露も新たな暴露を示唆

 今年3月にヘンリー王子夫妻のインタビュー番組が放送された後、番組のホストを務めたオプラ・ウィンフリー邸で警備員に直訴の手紙を渡し話題になったメーガン妃の父トーマス・マークルさん。英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が掲載した記事によると、今度はオーストラリアのテレビ番組「60ミニッツ」でインタビューに応じた。

 1時間の番組は13日に放送予定だが、その予告編の中で先日大きなニュースになった孫娘、リリベット・ダイアナちゃんの誕生を「ラジオで聞いただけ」と明かし、早くも波紋を呼んでいる。

 40秒ほどの予告編では、冒頭にトーマスさんの謝罪をほのめかす発言が。パパラッチとの“ヤラセ写真”を「たった1つの失敗」と語り、続けて「結婚式の2日前から彼女(メーガン妃)と話していない」と父親としては悲しすぎる状況を激白した。

 現在の妃が暮らすカリフォルニア州サンタバーバラとトーマスさんの家はわずか112キロほどしか離れていないというが、孫娘の誕生を直接知らせる電話はなし。もちろん、先に生まれた孫アーチーくんとも未だ対面を果たしていない。

 こうした状況でトーマスさんは「もしこれからも孫娘をこの手に抱けないとしたら、それは大きな失望だ」と一言。しかし最後に「You want dirty laundry?(内輪の恥を知りたいか?)」とも口にしており、一方的に絶縁された娘に関する新たな暴露予告とも受け取ることができる予告編だった。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)