海外ニュース

カミラ夫人 鮮やかボタニカル柄ドレスで夏モード 「一番美しい花と言って間違いない」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

カミラ夫人【写真:AP】
カミラ夫人【写真:AP】

 カミラ夫人は現地時間10日、園芸の祭典「ブリティッシュ・フラワーズ・ウィーク」の開幕に合わせて英ロンドンの庭園博物館を訪問。エメラルドグリーンを基調にした鮮やかなボタニカル柄プリントドレスで登場し、「相変わらずエレガント」と話題になっている。また、同日は4月に逝去したフィリップ殿下100歳の誕生日にもあたるため、夫人は亡き殿下への思いも語っていた。

 ◇ ◇ ◇

亡き義父と実父へ思いを寄せる場面も

「ブリティッシュ・フラワーズ・ウィーク」の開幕を記念し、庭園博物館に足を運んだカミラ夫人。同館では「癒やし」をテーマにデザインされたフラワーインスタレーションや、ウイリアム王子夫妻のウェディングフラワーをデザインしたことでも有名なフローリスト、シェーン・コノリー氏が監修した展覧会「Constance Spry and Fashion for Flowers」を鑑賞した。

 園芸に関連した公務とあってか、夫人は鮮やかなエメラルドグリーンが印象的なボタニカル柄プリントドレスで登場。英雑誌「ハロー」によると、ドレスは夫人お気に入りのデザイナー、フィオナ・クレア氏によるものだという。そこに、ヌードカラーのヒールと伊ブランド「ボッテガ・ヴェネタ」のハンドバッグを合わせた。

 同誌は夫人のコーディネートを「相変わらずエレガントに見えた」と称賛。また公務の様子を投稿したチャールズ皇太子夫妻の公式インスタグラム(clarencehouse)には、「カミラ夫人が一番美しい花と言って間違いない」「夫人も花もただただ魅力的」「夫人はゴージャスであり美しい」「彼女(カミラ夫人)は花以上に愛らしい」など、こちらも夫人の美しさを称賛するコメントが並んだ。

 また、公務当日の10日はフィリップ殿下生誕100周年を迎えた日。公務中に花束を贈られた夫人は「今日ここを訪れることができて感動しています。(今日は)フィリップ殿下の誕生日であり、明日は私の父の命日。ここで彼らが喜んでくれると思うことができて、とても光栄に思います」と語り、亡き義父と実父へ思いを寄せた。

 なお同日、皇太子夫妻の公式SNSはフィリップ殿下生前の写真2枚も投稿している。

(Hint-Pot編集部)