海外ニュース

ヘンリー王子夫妻 現在まで35分間で28億円? スポティファイとの契約に懸念浮上

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】
ヘンリー王子とメーガン妃【写真:AP】

 昨年12月、スウェーデンの音楽配信大手スポティファイと交わした超大型契約を発表したヘンリー王子夫妻。それから間もなく「ホリデー・スペシャル」と題して1本目のポッドキャスト番組をリリースし、あどけないアーチーくんの声を初公開したことで大きな話題となった。ところが、その35分間の番組以来、2人のポッドキャストは配信が滞っていることに注目が集まっている。

 ◇ ◇ ◇

ヘンリー王子夫妻との契約には「旨み」があるが…

 英大衆紙「ザ・サン」が掲載した記事によると、王室作家のフィル・ダンピエ氏は育児休暇中のヘンリー王子夫妻と、スポティファイの契約に関して言及。「彼ら(ヘンリー王子とメーガン妃)は最大で5か月間の休暇を取っているといわれますが、彼らに莫大な金額を支払った人たちが見返りを求め始めています」と語り、1800万ポンド(約28億4400万円)と報道された契約金を支払ったスポティファイが、35分間の番組1本しか制作していない夫妻にしびれを切らし始めている状況を示唆した。

 同氏は、スポティファイだけでなくネットフリックスとの契約や、慈善ライブの出演など、活動の幅を広げる夫妻に対し「彼らはあまりにも多くのことを抱えすぎているのではないかと問われるかもしれません」との懸念を示した。

 しかしマーケティング界の大物マーク・ボロウスキー氏は、「それでも現在世界で最も知名度のあるカップルと契約した旨みがあります」と語り、夫妻との契約で世界にその名を知らしめたスポティファイの利益を指摘。

 一方で「もしも2人の“すべてを完全にコントロールしたい”という意思がそれほどでもなければ、違った結末もあったでしょう」とも語り、夫妻がすべてに関する権限を握りすぎていることで“番組が量産できないのではないか”と推測している。

 現在のところ夫妻には報酬が全額前払いされておらず、定期的なコンテンツ配信という義務を果たせば1800万ポンドが支払われるという。スポティファイとヘンリー王子夫妻が設立した「アーチウェル・オーディオ」は、この件に関してコメントを控えている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)